スポンサードリンク

ハッセルブラッドCEOが完全な新製品を予告!ソニーのリブランドはもうやらない(MR)

Pocket
LINEで送る

Financial times がHasselbladのCEOである Perry Oosting 氏のインタビューを掲載、mirrorlessrumorsがそのまとめ記事を掲載しています。

Financial times interviewed CEO Perry Oosting and there are some important news.
Via : Hasselblad will surprise us with “one wholly new model in particular, photography fans will be over the moon” – mirrorlessrumors

  • 極秘事項を明かすことは無いが、ある完全な新モデルを出すとすれば、明らかに写真愛好家の方々は大喜びすることになるだろう。
  • HasselbladはGötheborg(スウェーデン18世紀の大型帆船)に回帰する、そしてソニーのような他のカメラのリブランドやバッジの付け替えをすることはもう無い。
  • 過去の破滅的な戦略についてははっきりと否定する、LunnarStellarのような、たかりは止める。

mirrorlessrumorsはソニー製1.01億画素の中判イメージセンサーを搭載するミラーレスカメラの出現を予測しています。

ということで、ソニーの数倍の価格で販売されていた安易なカメラはもう無くり、ハッセルブラッドという価値のブランドに相応しいカメラを出すということになりそうですね。

ただ、日本でも販売されたStellarやLunarは逆にレアということになりそうで、後から人気になることは、、、、流石にこの価格では無いかなぁ?(^^;

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル