スポンサードリンク

CP+2016 ソニーブース特派員レポート その2「アクションカム編」HDR-AS50RとAKA-FGP1が気になる #αアンバサダー

Pocket
LINEで送る

αアンバサダープログラムの企画でソニーブース特派員として「CP+2016」にご招待いただきましたレポートの第二弾はアクションカムです。

私はHDR-AS100V → FDR-X1000Vユーザー(その1その2その3)でもあり、ソニーのアクションカムの動向が非常に気になります。

ソニーは既に新アクションカムHDR-AS50が発表していましたがCP+では当然アクションカムブースでのメイン展示。
そして私が一番気になったのが、そのファインダーグリップ「AKA-FGP1」です。

ライブビューリモコンキットHDR-AS50Rに付属する「RM-LVR3」をこのようにマウントしながら、人差し指と中指でホールドして撮影出来るグリップです。

ソニー係員の方にデモして頂きました。

解説のようにハイアングルではこんな感じ。

ローアングルではこんな感じでライブビューを使うことが出来ます。

横から見るとこんな感じ。人差し指を差し込み、中指でホールド、親指でモニターの確度を調整可能で片手でライブビューしながら撮影するように出来ていますが、とてもシンプルな構造とデザインが素晴らしいです。

更に、ファインダーグリップ「AKA-FGP1」には、専用のレンズキャップも同梱されています。

このファインダーグリップ「AKA-FGP1」まだ未発売の製品ということですがこれは絶対に発売して欲しいと思いました。
係員の方によればCESでも展示され実は大人気に(^^;なっていたようです。

これまで、ソニーのアクションカムの弱点の1つとしてアクセサリが貧弱(サードパーティ製も少ない)で、そのアクセサリも独自のコンセプトはあまり感じられませんでした。

しかしこのファインダーグリップに関してはアクションカムを普段使いのカメラとしてシンプルな姿で使えることが出来るという素晴らしい製品だと感じました。

で私の想定する用途としては、旅行などでも、超広角レンズ、4K、そしてGPSが搭載され、コンパクトに収まるFDR-X1000Vを普段使いのカメラとして是非活用したいと思っていたのですが、それだけに以下の点をあえてごお願いさせて頂きます。

  • ファインダーグリップ「AKA-FGP1」はHDR-AS50R専用の製品であり、他のモデルに装着出来ない。
    →他のモデルにも対応するファインダーグリップを発売して欲しい。
  • 「RM-LVR3」しか装着出来ず、「RM-LVR1」や「RM-LVR2」はマウント出来ない。
    →旧モデル、または、iPhone等もマウント出来るグリップも準備して欲しい。
  • ライブビューモニター「RM-LVR3」は別売されておらず、HDR-AS50Rのみに付属。単独で購入することが出来ない。
    →なぜ単独で販売しないのかな?
  • HDR-AS50にはGPSが搭載されていない。
    →入門モデルですので仕方が無いのですが、同じ大きさでGPS搭載上位モデルも発売して欲しい。
  • これも欲しかったレンズキャップも別売されておらず、「AKA-FGP1」専用である。
    →レンズキャップも当然必要ですし、無くすこともあるので単体発売して欲しい。

ということで、私のようなFDR-X100V+RM-LVR2で使えるマウントキットを是非発売して欲しいと思ったのですが、既存製品としてシューティング「VCT-STG1」を提案して頂きました。

こちらはこれまのリモコンモニタRM-LVR2をマウント出来るようです。。。。
しかし、ここまで大きいと、自撮り棒のように伸びで欲しいですし、出来ればiPhoneもマウント出来ればと思いますが、いずれも対応されていないということです(^^;
 
ソニー係員の方によればアクションカムシリーズでは今後はお客様の要望するアクセサリにも力を入れて充実させて行くということでしたので期待したいです。

ただCP+ではちょっと小さめのブースなのが残念、、、
ソニーさんもっとアクションカムをアピールされても良いとおもますがいかがでしょうか?
 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “CP+2016 ソニーブース特派員レポート その2「アクションカム編」HDR-AS50RとAKA-FGP1が気になる #αアンバサダー

コメントを残す