スポンサードリンク

キヤノンが1.2億画素のEOSや8Kカメラとモニターの開発を表明

Pocket
LINEで送る

先日、キヤノンが2億5千万画素のAPS-Hイメージセンサーを発表しましたが、サプライズはそれだけではありませんでした。
本日キヤノンが、1億2千万画素の一眼レフカメラ、8Kシネマカメラ、8Kモニタの開発を表明しました。

キヤノンは、映像技術のリーディングカンパニーとして、さらなる映像表現の拡充を見据え、映像制作をサポートする機器の研究開発に取り組んでいます。このたび、8Kに対応するCINEMA EOS SYSTEMのカメラおよび業務用ディスプレイを開発し、今後、これらをさらに発展させ、入力・出力ともに、8K映像はもちろん8Kから4Kへのダウンコンバートおよび4Kクロップなど、映像制作現場でのスムーズなワークフローの提供に貢献することを目指します。

Via : キヤノン:映像表現の可能性をさらに拡大する次世代の映像機器の開発について

有効画素約1.2億画素の一眼レフカメラ

  • 現行EOSシリーズのプラットフォーム
  • キヤノン独自開発の高画素CMOSセンサーを搭載
  • EFマウント
  • トリミングによる部分拡大でも、十分な解像感が得られる

CINEMA EOS SYSTEMの8Kカメラ

  • 自社製スーパー35mm相当サイズのCMOSセンサー
  • 8,192 ×4,320(有効画素数約3,539万画素)で60fpsのフレームレート
  • 13STOPのハイダイナミックレンジ
  • EFマウントを採用

8K超高精細ディスプレイ

  • キヤノン独自の画像処理技術
  • 人間の視認限界に迫る300PPI超の画素密度を実現

1.2億画素のカメラは既存のプラットフォームということで、外観はやはり5Dシリーズのようでキヤノンの今後の核となるカメラということですね。

また、今回の発泡ではシネマEOSと一眼レフカメラの2本立てということで、ミラーレスカメラではないことも注目です。

2020年の東京オリンピックでは確実にこれらのカメラ、そして、8Kモニタも制作現場などで活躍していそうですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル