スポンサードリンク

SONY α7RIIが暗所AF比較でD750とEOS 5DSに勝利?(DPR)

Pocket
LINEで送る

DPreviewが、SONY α7RIIと最新一眼レフカメラNikon D750とCanon EOS 5DSでAF性能を比較するビデオをアップしています。

High-end DSLRs have dedicated phase-detect AF (PDAF) modules that collect a lot of light per AF point, often functioning reliably in conditions as dim as -2EV or even -3EV. Most mirrorless cameras in low light, though, would often exhibit the hunting characteristic of contrast-detect AF (CDAF), either because of lack of on-sensor PDAF or because in dim conditions, the camera would revert to CDAF.

Via : Sony Alpha 7R II can match or beat DSLR low light AF performance: Digital Photography Review

テスト条件として暗所の人物が被写体となっておりミラーレスに有利な条件ですのでAF性能全体の評価比較は出来ませんが、興味深い内容となっています。

  • -2EVと本当に位状況で、α7RIIとD750とEOS 5DSでAF性能を比較する
  • SONY α7RIIのレンズはEF 35mm F1.4Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
    • 被写体との距離を変化させてもAFがすぐに追従するのは印象的で、本当に素晴らしい
    • 追従性は一眼レフレベル
    • 距離を変えながら、ISO102400で連続的に撮影してもAFが追従している
  • NIKOND D750 レンズはSIGMA 50mm F1.4
    • とても遅い 迷う
    • シャッターボタンを押したまま距離を変えて連続撮影すると遅い
  • EOS 5DS レンズはSIGMA 50mm F1.4
    • 連続撮影で被写体である人の目がAFから外れる
  • まとめ
    • α7RIIのオンセンサー位相差AFと顔認識の組み合わせは暗所でのAFで本当に有利になっている
    • 一眼レフの場合、大口径レンズと組み合わせても特定のポイントでしかAFが動作しない
    • α7RIIの場合、顔認識を利用して被写体を追従し続けることが出来る
    • 被写体に接近しながら撮影した時、一眼レフの方は明らかにAFがスローダウンした

追記:K様から指摘があり

確かに、レンズの焦点距離もさることながら、SIGMAレンズを使うのは公平な比較とは言えないかもしれませんね。

同じ条件でテストするビデオがアップされることを期待したいです。

で、α7RIIにSIGMAレンズのテスト記事もアップしていますのでご参考に

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す