スポンサードリンク

富士フイルムX100Tの後継機はX-PRO2と同じ2400万画素APS-Cセンサーが採用される?(FR)

Pocket
LINEで送る

fujirumorsの新ソースからX100Tの後継モデルに関する情報が送られて来たということです。

A New Source told me, that the X100T successor will have the same sensor of the Fujifilm X-PRO2 (which is rumored to feature an APS-C sensor).

Via : No Full Frame for Fuji X100T successor? New Source says: “Same sensor of Fuji X-PRO2” | Fuji Rumors

  • X100Tの後継機にはX-PRO2と同じセンサー(APS-Cという噂がある)が使われる
  • 少なくともX100Tの後継機でフルサイズにセンサーに移行することは無さそう
  • 確かにX200はフルサイズセンサーという噂があったが、それが本当だったとすれば、富士フイルムがそのプランを捨てたことになる
  • 結果Leica Qや、SONY RX1の後継機の対抗機は富士フイルムAPS-Cセンサー機ということになる
  • 富士フイルムがレンズ固定コンパクトカメラに、X-PRO2のセンサーを使うのは合理的のように思える
  • 一方その新型センサーのスペックも非常に魅力的である
    • 位相差AFピクセルは全面に配置される
    • 2400万画素APS-Cセンサー
    • X-Trans III
    • 裏面照射タイプ
    • センサー内HDR機能によってフルサイズのα7シリーズよりも優れた高ダイナミックレンジを実現する
  • 但し今回の噂は、X100Tの後継機が実際に登場する過程における最初の1つの噂に過ぎず、現時点ではX-PRO2と同じセンサという情報だけである

富士フイルムのXシリーズの成功はX100から始まり、次は初のミラーレスカメラとしてX-Pro1が登場しました。
よって、同じパターンが繰り返されるとすれば、まず次はX100Tの後継機としてX200が出て、その後、同じセンサーのX-Pro2の発表という段取りになるのでしょうか?

いずれにしても、すばらしい光学式レンジファインダーは是非継続してくださいね!→こちら

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す