スポンサードリンク

富士フイルムX100Tの後継機はX-PRO2と同じ2400万画素APS-Cセンサーが採用される?(FR)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

fujirumorsの新ソースからX100Tの後継モデルに関する情報が送られて来たということです。

A New Source told me, that the X100T successor will have the same sensor of the Fujifilm X-PRO2 (which is rumored to feature an APS-C sensor).

Via : No Full Frame for Fuji X100T successor? New Source says: “Same sensor of Fuji X-PRO2” | Fuji Rumors

  • X100Tの後継機にはX-PRO2と同じセンサー(APS-Cという噂がある)が使われる
  • 少なくともX100Tの後継機でフルサイズにセンサーに移行することは無さそう
  • 確かにX200はフルサイズセンサーという噂があったが、それが本当だったとすれば、富士フイルムがそのプランを捨てたことになる
  • 結果Leica Qや、SONY RX1の後継機の対抗機は富士フイルムAPS-Cセンサー機ということになる
  • 富士フイルムがレンズ固定コンパクトカメラに、X-PRO2のセンサーを使うのは合理的のように思える
  • 一方その新型センサーのスペックも非常に魅力的である
    • 位相差AFピクセルは全面に配置される
    • 2400万画素APS-Cセンサー
    • X-Trans III
    • 裏面照射タイプ
    • センサー内HDR機能によってフルサイズのα7シリーズよりも優れた高ダイナミックレンジを実現する
  • 但し今回の噂は、X100Tの後継機が実際に登場する過程における最初の1つの噂に過ぎず、現時点ではX-PRO2と同じセンサという情報だけである

富士フイルムのXシリーズの成功はX100から始まり、次は初のミラーレスカメラとしてX-Pro1が登場しました。
よって、同じパターンが繰り返されるとすれば、まず次はX100Tの後継機としてX200が出て、その後、同じセンサーのX-Pro2の発表という段取りになるのでしょうか?

いずれにしても、すばらしい光学式レンジファインダーは是非継続してくださいね!→こちら

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.