スポンサードリンク

ソニーアクションカムFDR-X1000VR購入したがやっちまった感あり(その2:外観)

Pocket
LINEで送る

今更感はありますが、引き続き、SONYアクションカムFDR-X1000VとHDR-AS100Vの外観比較等してみたいと思います。


上がFDR-X1000V、下が、HDR-AS100Vと書くまでも無く、X1000Vの方が縦横共に大きくなっているのが判ります。

後ろは録画ボタンの生むから、X1000Vの方がシンプル。

前から見ると、かなり大きくなっているのが解ると思います。


上から見ると厚みはほぼ同じなのですが、全長が長くなっていますね。

X1000Vでは録画ボタンが上面に移動しているますが、位置変更についには賛否両論があるようですね。

利点としては、ボタンを押す時の操作性が良くなること。
その代わり、間違えて押したり、収納時などに知らない間に録音されていることが頻発するということです。

個人的には、操作性を考えると明らかにX1000Vのボタン位置の方が良いと思います。
またそれ以上にAS100Vはボタンを強く押さなければならないこと、また、ボタンのクリックフィーリングがまったく無いのが最悪でした。
但し、アクションカメラとしては不意の録画停止されないという観点では、AS100Vのような考え方も有りかもしれません。

そして、ステレオマイク用のホールが小さくなっているのが、気分的には心配、、、、
GoProに対して、SONYのアクションカメラの優れている点の1つとして、ステレオでの高音質録音が単体で可能になること(高音質かどうかは相対的にということですが)ですので、マイク穴小さくなって大丈夫かななと、、、、(おそらく関係無いとは思いますが)

さらにウォータープルーフケースにいれると、、、、

更にX1000Vの方がずっしりとした手応えを感じるようになりました。

前衛投影面積は更に差が出て来ます。

ということで、X1000Vは外観では、とにかく大きくなってしまった感を感じます。
アクションカメラは、スポーツでの正にアクションを邪魔しないように小型であることが求められると思いますが、4Kを搭載ということで、その辺りが得意なSONYでさえ、少し大きくする必要があったようで、ちょっと残念です。

次の記事では重量等も比較してみたいと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “ソニーアクションカムFDR-X1000VR購入したがやっちまった感あり(その2:外観)

コメントを残す