スポンサードリンク

キヤノンEOS-1DCの後継機はEOS 5D Cとなる?(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumors及びNorthlightがCanon EOS 5D Cについての予測記事を掲載しています。

I missed this a few weeks ago, but over at Northlight, they posted that there would be an EOS 5D C instead of a direct EOS-1D C replacement.

Via : A Suggestion on the EOS-1D C Replacement « Canon Rumors

 

In a more ‘out there’ rumour (thanks) we’re told that the ‘general purpose’ 5D4 will come along with 5D C specialist video DSLR.

Via : Canon EOS 5Dmk4 DSLR

 

Northlightの情報

  • 万能機となるEOS 5D Mark IVと、動画一眼レフのEOS 5D Cが同時に発表される
  • EOS-1D Cのセールスは開発を回収出来るのに十分では無かった

CanonRumorsの予測

  • EOS 5D Cは(発売時に)12000ドルで販売されたシネマ一眼レフであるEOS-1D Cの実質後継機となる
  • 昨日、5Dサイズのテスト機に4K動画撮影機能が搭載されるという情報を流したが、その情報源はこのようなカメラはコンシューマ製品として現れることは無くあくまでもテスト機であることを強調した

ということですが、キヤノンはEOS 5D のボディに、様々な性能や機能を持たせてテストしているということなのでしょうか?

ちなみにソニーはフルサイズミラーレスとして小型&ベーシックとなるα7、高解像度のα7R、高感度及び4K機のα7S、手ブレ補正を搭載し万能機としたα7IIという流れで、α7シリーズとして展開し今年もそれを継続するということです。

そして今回キヤノンはEOS 5D Mark IIIと同等のボディに、高解像センサーを搭載したEOS 5Ds/EOS 5Ds Rを出しました、そして次は4K機のEOS 5DCや万能機のEOS 5D Mark IVを出すという流れになるのでしょうか?

もしそうであればソニー同様に、ハイエンドかつ多く売れる人気機種をバリエーション展開することで、更なるユーザー層と収益を獲得する戦略とすれば個人的には、今回の情報は納得出来ます。

デジタルカメラの販売台数が頭打ちとなっている現状を考えれば、ソニーのようなリソースを集中しながらも多くのバリエーションを出すバリエーション戦略が主流になるのかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す