スポンサードリンク

リコーがアクションカメラ「WG-M1」を発表「小型軽量&ハウジング不要のアクションカメラ」

Pocket
LINEで送る

リコーイメージングは、防水・耐衝撃デジタルカメラWGシリーズの新ラインナップとして、超広角レンズを搭載するアクションカメラ「RICOH WG-M1」を追加。10月中旬に発売する。店頭予想価格は税別3万円台後半。

リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:赤羽昇)は、優れた防水・耐衝撃性能が好評のデジタルカメラ「WG」シリーズの新たなラインアップとして、水中やアウトドアを楽しみながら、超広角で臨場感溢れる映像を高画質動画で撮影できる防水アクションカメラ「RICOH WG-M1」を発売いたします。

Via : 本格防水WGシリーズ初のアクションカメラ 「RICOH WG-M1」新発売|RICOH IMAGING

GoProが創出したアクションカメラというジャンルに今度はリコーイメージング様も参戦することになったということですね。

■WG-M1製品情報ページ

■RICOH WG-M1概要

  • 有効1,400万画素の 1/2.3型CMOSセンサー
  • ISO100-800
  • 静止画撮影
  • 連写速度 10コマ/秒
  • レンズ 35mm判換算で約16.8mm相当F2.8
  • フォーカス範囲は空気中で60cm~、水中で80cm~
  • 水深10m防水・2m耐落下・-10度耐寒
  • フルHD動画 1,920×1,080/30fpsのH.264
  • 1.5型の液晶モニター
  • 無線LAN搭載
  • microSDHC/SDカード
  • バッテリーDB-65。撮影可能枚数 約350枚、動画撮影時間 約150分。
  • 寸法 約66.5×42.5×89.5mm
  • 重量 約190g(バッテリー、メディア、レンズプロテクター含)、約151g(本体のみ)。
  • カラー ブラック、オレンジ

ちなみに、ライバルとなるアクションカメラの重量を比較してみると、WG-M1はその中でも重量級ということが判りますが、それだけにどちらかと言えばアクションカメラというより、従来のタフネスタイプのスチルデジタルカメラが進化した独自のポジションということになると思います。

  • GoPro Hreo3+ 約87g
  • ソニー HDR-AS100V 約92g
  • JVC GC-XA2 約135g
  • カシオ EX-FR10 カメラ部約67g 合体時約175g
  • パナソニック A500 約185g

そしてWG-M1と同じデザインコンセプトという腕時計「WG Watch」も発売。

 

 

価格は税別3万7,000円ということで本体よりちょっと高価なようですが;;^^)、WGファンの方は、カメラ本体と同色のWG-M1と同時購入されるのも良いかもしれませんね!

出来れば、せっかく同じデザインモチーフの腕時計とアクションカメラを同時に発表したのですから何らかの接続機能、があれば良いと思ったのは私だけでしょうか?

Apple Watchも発売されましたが、リコー様にはカメラと腕時計でもう一歩先に行ってほしかったなと思います。

とは言え、リコーのカメラのラインアップを見ると、他には無いLEDのUIを搭載したK-S1、中判一眼レフの645Z、180度カメラのTHETA、プレミアムスモール一眼のQ-S1、そして単焦点プレミアムコンパクトというジャンルを作ったGRなどなど、他社には無い独創的な製品ラインアップの中に、WG-M1が加わるというのも更なるリコーワールドの拡大ということになりますね。
今後も個性的なカメラを出してくれるリコーを期待します!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “リコーがアクションカメラ「WG-M1」を発表「小型軽量&ハウジング不要のアクションカメラ」

  • 2014年9月12日 at 8:39 AM
    Permalink

    独創的なラインナップの中に
    GXRがないのが残念でなりませんね〜(^_^;)
    そろそろ復活??

    Reply
    • 2014年9月12日 at 10:27 AM
      Permalink

      ソニーのレンズだけカメラも出たことだし、そろそろGXRも再起動して欲しいですね!

      Reply

コメントを残す