スポンサードリンク

一眼レフは必要無い?著名写真家が語る「FUJIFILM X」の魅力

Pocket
LINEで送る

FUJIFILM X-Photographersでありドイツの著名写真家、バーン・リッチェル(Bernd Ritschel)氏が愛用するXシステムに関するインタビュー記事が掲載されています。

プロ写真家にとって、「FUJIFILM X」とはどんなカメラなのか。登山家とともに山に登り、過酷な環境で撮影をする機会も多いというドイツの写真家、バーン・リッチェル氏に聞いた。

Via : システムの軽さは最高――X-Photographer、バーン・リッチェル氏が語る「FUJIFILM X」 – ITmedia デジカメプラス

  • Isarfotoというプロフェッショナル向けの撮影機材商社からX-Pro1を紹介
  • 登山の荷物は全部で20キロ。加えて一眼レフカメラとレンズ一式を持っていくのはかなり大変
  • どこがいい、というより、全体がとてもすばらしい
  • X-T1のEVFは暗い場所や、朝など薄暗い環境でも見やすい
  • 特に好きなのは単焦点レンズのXF14mmF2.8 R、XF23mmF1.4 R、XF56mmF1.2 R
  • これらのレンズは私の写真に“新しい可能性”を生んでくれる
  • 今後、富士フイルムに出してほしいレンズ
    • 10ミリくらいの超広角
    • 300mmF4くらいの望遠レンズ
  • この2つがあれば、もうデジタル一眼レフのシステムが必要なくなる

動物写真家の小原玲先生も一眼レフカメラの1/2の重量で済むという記事を書かれていましたが、これらフィールドフォトのジャンルでは、Xシステムの軽さは大きなメリットになりそうですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “一眼レフは必要無い?著名写真家が語る「FUJIFILM X」の魅力

  • 2014年8月4日 at 10:44 AM
    Permalink

    8月2日の日経、企業面にミラーレスの記事がありました。ミラーレスの普及率が20%に達したようです。統計上14〜20%は分岐点ですね。アサヒカメラにも書いてありましたが、EOS-M2の上位機種が出てきそうです。

    Reply
    • 2014年8月12日 at 7:22 PM
      Permalink

      プロの方もミラーレスを使われる流れもありますので、今後は数のみならず上位機種の方も注目ですね。

      Reply

コメントを残す