スポンサードリンク

SONY 曲面センサーを搭載する「RX1s」はα7s並の高感度性能!?

Pocket
LINEで送る

sonyalpharumorsの新しい情報源が、曲面センサーを搭載する最初のフルサイズカメラの名称はDSC-RX1sとなることを伝えて来たということです。

A new source reported that the name of the first curved sensor FF camera could be “RX1s”. It features a very compact Zeiss 35mm f/1.8 lens. He also said the curved sensor will allow a  “Sensitivity performance almost similar to A7S.“.

Via : (SR2) Soon to be announced curved sensor RX1s has similar A7s noise performance. | sonyalpharumors

となると、α7、α7r、α7の、フルサイズミラーレス一眼3兄弟に対し、DSC-RX1R、DSC-RX1s、DSC-RX1のフルサイズCyber-Shot3兄弟ということになりますね!

その情報源は更に、曲面センサーの感度性能はほぼα7sと同等となるということも語っているということです。

日本経済新聞の記事では、曲面型センサーにすることで、 高感度性能が2倍になるということでした。
また、曲面センサーの画素数は2400万画素であるということも書かれています。
つまり、α7s並の性能を2400万センサーで実現出来るということですね。

また、このカメラには、F1.8の大口径単焦点レンズが搭載されという噂もあります。

となると正に高感度最強のカメラが実現出来るということですね。

しかも、それがコンパクトに収まるとなると、これは画期的なカメラの登場の予感です。
問題はRX1でも手が届かない状態が更に高くなりそう、、、、ということですね。;;;^^)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル