スポンサードリンク

Leica C (Typ 112) 発表 7倍ズーム、NFC/Wi-Fiなど搭載

Pocket
LINEで送る

ライカが新コンパクトデジタルカメラ「Leica C」typ112を発表しました。

 

こちらが製品ページ

 

主なスペック

  • レンズ Leica DC Vario-Summicron f/2-5.9 6-42.8 mm ASPH
  • 35mm判換算 28mm-200mm
  • 1/1.7型 MOSセンサー
  • 総画素数 1280万画素 有効画素数 1210万画素
  • 最短撮影距離 3cm(マクロモード)
  • 4倍デジタルズーム
  • 光学手ブレ補正
  • シャッター最高速 1/4000秒
  • ビルトインフラッシュ
  • 3インチ TFT LCDモニター 92万ドット
  • EVF 20万ドット
  • ステレオマイクロフォン内蔵
  • RAWファイル保存可能
  • Adobe Photoshop Lightroomライセンス付属
  • NFC及びWi-Fi内蔵
  • サイズ 約W103×D28×H63mm
  • 重量 約173g、バッテリーとメモリーカードを含む状態で約195g。
  • ボディカラー Light-goldと Dark-red

ベースはPanasonicの「LUMIX DMC-LF1」。
発売は10月、価格は未定ということです。

ライカカメラジャパンは、コンパクトデジタルカメラ「ライカC」(Type 112)を10月に発売する。価格は未定。カラーはダークレッドとライトゴールドの2色。

Via : ライカ、EVF・Wi-Fi内蔵のズームコンパクト機「ライカC」 – デジカメ Watch

ライカカメラは、有効画素数1,210万画素の1/1.7型MOSセンサーと、35mm判換算28~200mm相当のズームレンズを搭載するなどしたコンパクトデジタルカメラ「ライカC」を10月より発売する。価格は未定で、決まり次第改めてアナウンスするとしている。

Via : ライカ、同社初のNFC対応コンデジ「ライカC」 – Phile-web

Wi-Fi(無線LAN)接続やNFC(Near Field Communication:近距離無線通信)を用いた通信機能を、ライカ製デジカメとして初めて搭載した。撮影した画像をWi-Fi経由でスマートフォンやタブレット端末に転送したり、スマートフォンなどから本製品をリモート操作したりできる。

Via : ライカ、1/1.7型センサーやF2.0レンズ搭載「ライカC」 – 同社初のWi-Fi内蔵 | マイナビニュース

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す