スポンサードリンク

ソニー4Kカムコーダー ハンディカム『FDR-AX1』発表

Pocket
LINEで送る

SONYが民生機として初の4Kカムコーダー『HANDYCAM FDR-AX1』を発表しました。

ソニーは、新開発の有効約830万画素裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R®とソニー独自の高性能Gレンズ™を搭載し、4K※1/60p※2撮影が可能なハンディカム™の最上位機種 デジタル4Kビデオカメラレコーダー『FDR-AX1』を発売します。

Via : ソニー初の民生用4Kカムコーダー ハンディカム(TM)『FDR-AX1』を発売 | プレスリリース | ソニー

  • センサーは約1890万画素 1/2.3型裏面照射型CMOSイメージセンサー Exmor R
  • レンズは固定式の35m換算31.5-630mm F1.6-3.4 “G”ズームレンズ
  • 映像の記録はXQDメモリーカードということです

FDR-AX1製品ページ

プロモーションビデオ

早速予約開始されていますが、40万円以下となっています。

まだまだ高価ですが、レンズ込みでこの価格ということは4Kビデオとしてうは画期的ということですね。
家庭用として4Kビデオが使わるようになる時代の幕開けということですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す