スポンサードリンク

ソニー NEX-7Nは380万ドットEVFで5月発表?(sonyalpharumors)

Pocket
LINEで送る

SONY NEX-7Nの発表が迫っているという情報

It seems like we can hope again! A good source told me that Sony is close to schedule the announcement of the NEX-7n for May

Via : (SR3) NEX-7n now scheduled for a May release? With two layer OLED EVF! | sonyalpharumors

NEX-7Nは来月発表される可能性が出てきたそうです
また380万ドットの新EVFが採用されるという情報もあるようです。

このEVF用パネルは190万ドット2枚のレイヤーで構成され、1ピクセル単位で相互配置されており、EVFイメージを非同期で表示出来るということです。
結果として精細な画像と、タイムラグが発生しにくいということです。

NEX-7Nの一番の進化はこのEVFということになるのでしょうか?
高精細な画像でタイムラグが解消されるとすれば、ミラーレスカメラの弱点の1つが解消されるということで、NEXシリーズの今後の進化が更に期待出来そうです。

ちなみに、先日シチズンが369万ドットで120Hz駆動可能のEVF用パネルを発表しましたが。。。。ソニーはやはり自社製でしょうか?
今後は各社EVF用液晶パネルの性能向上の競争も進化も注目です。

デジタルカメラの電子ビューファインダー(EVF)向け液晶パネルで、約369万画素(1280×960×RGB)を実現した。同社によれば、2013年4月9日現在、0.5インチ以下のEVF向け液晶パネルでは、現行製品の236万画素を上回り、世界最高峰の解像度という。開発した液晶パネルのサイズは0.4インチ。精細な駆動回路の設計と液晶の高速化を行うことで、同社従来製品と比べて約30%解像度を向上させた。

Via : 価格.com – シチズン、世界最高約369万画素のEVF向け液晶パネルを開発

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す