スポンサードリンク

田中希美男先生 EF24-70mmは F2.8L II USMよりF4L IS USMを選択(Photo of the day)

Pocket
LINEで送る

写真家の田中希美男先生がキヤノンの24-70で2本のフルサイズ用Lレンズ選択についての記事をアップされています。(作例はCanon EOS 6D)

大型量販店での実販価格を調べたら、「EF24-70mmF2.8L II USM」のほうは約21万円で、「EF24-70mmF4L IS USM」が約14万円だった。ちなみに、ニコンの24-70mmF2.8が約17万円、手ブレ補正内蔵のタムロンの24-70mmF2.8が約10万円。

Via : Photo of the Day ぼくは24-70mmF4Lを選びたい

  • 大きさ重さは価格ほどの「差」はない
  • 24-70mmF2.8 IIの描写は素晴らしいが手ブレ補正(IS)がない
  • 24-70mmF4は1段暗いがハイブリッドIS、マクロ撮影の機能も備わっている
  • 開放絞り値1段ぶんの違いはそれほど気にすることもない
  • 24-70mmF4はコストパフォーマンスのタイヘンに高いレンズだ
  • 三脚を使用をかたくなに守っている人は24-70mmF2.8 IIのほうが幸せになれる

皆さんはどちらを選択しますか?
ちなみに24-105 F4Lも安くていいよ!(でも周辺光量補正しないと24mmは凄いことになりますがw)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す