YOUのデジタルマニアックス

カメラや写真の気になるニュースや話題をポストします

スポンサードリンク -
#Canon

キヤノンのラッグシップ機となるEOS R1のEVFは0.7型700万ドット以上になる???(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsがCanonのフラッグシップミラーレスカメラとなるEOS R1のEVFに関するスペックの噂をアップしました。
現時点ではCR1ですので確度が低い噂ということで参考程度ということですね。

  • Canon EOS R1に関連する多くの情報が流れている。
    • このカメラはが2024年に市場に放たれる筈だ。
  • インボックスの中にはEOS R1のEVFスペックの情報が寄せられていた。この情報は少し印象的である。
  • EOS-1D X Mark IIIを常用するユーザーがミラーレスカメラに移行するにあたりより明るいEVFを使いたいということを未だに良く耳にする。
    • 我々はEOS R3のEVFが素晴らしいと思っているが、全ての意見とも限らないようだ。

Canon EOS R1のEVFスペックの噂

  • ドット数は700万クラス
  • 0.7 インチ OLED
  • リフレッシュレート 60 〜 240Hz
  • 可変リフレッシュレートの可能性がある
  • 光度 4000nit
  • ブラックアウトフリー

Canon EOS R3のEVFのスペックは0.5型OLEDで576万ドットですね。

今回の噂が正しいとすれば0.7型に大型化されるようで、それに応じてドット数も増えるということなんでしょうかね。

一眼レフを愛用する方が最も譲れないのはファインダーの性能だと思いますが、流石にこれくらいのドット数になればそろそろ納得して頂けるということでしょうか。

Canon EOS R3ではあえてフラッグシップカメラの称号となる”1″を付けなかっと思いますが、だとするとEOS R1は完全に現行の一眼レフユーザーが納得のフラッグシップ機ということになるかもしれませんね!

楽しみです。

Canon (キャノン) EOS R3 カメラボディ

Canon (キャノン) EOS R3 カメラボディ

705,200円(04/16 03:44時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Amazon プライム対象