スポンサードリンク -

ソニー α7RV はオートフォーカスもホワイトバランスもAI制御が可能になっている?(SAR)

Pocket
LINEで送る

SonyAlphaRumorsが。10月26日に発表されるという噂のSONY α7RVのスペック情報を追加しました。

Two days to go until the A7rV announcement on October 26. In the meantime I got two additional confirmed specs:

Via : SAR – Sony A7rIV has 693 phase detection points
  • α7RVはAIアシストによるオートホワイトバランス機能が搭載されている
  • 位相差測距点数は693

オートホワイトバランスはこれまでも各社様々なロジックで特にミックス光源などの設定が改善されていましたが、α7RVでは更にAIによる判断や処理が行われるということになりそうです。

例えば、朝日や夕日ではよりダイナミックに、紅葉と判断するとより映えするホワイトバランスを積極的に変えるなどよりダイナミックな介入もあるのでしょうか?

AFの進化も併せて撮影者は更にシャッターチャンスを狙うことに集中出来るカメラになるということでしょうかね。

次に測距点ですが、現行のα7RIVの位相差検出ポイントが325点なので、倍以上の測距点になるわけで、こちらもAIによるディープラーニング機能も搭載されるということですのでかなり期待できそうですね!

ちなみにα1、α7SIIIとα7IVは759点でこれらはフレームの92%をカバー、α9IIは693点で93%のカバー率ということですので、α7RVも同様のスペックになりそうですね。

これまでに出てきたSONY α7RVの情報のまとめ

  • 6100万画素イメージセンサー。
    • 低照度性能が改善された新型裏面型センサーとなる確率は50%ある。
  • 新型 BionZ XR イメージプロセッサー
  • AIディープラーニングを用い完全に新しいオートフォーカスシステム
  • 693点位相差測距ポイント
  • 8K 24p (クロップ)
  • 4K60p 4K24p (フルリードアウト)
  • SONY α7SIIIと同様のヒートシンク構造
    • オーバーヒート無しで最長30分の8K動画記録が可能
  • S cinetone が可能
  • AIアシストオートホワイトバランス
  • 8段分の効果を発揮するボデ側手ぶれ補正
  • バッファの強化によって非圧縮RAWで88コマ連続撮影が可能
    • 最低でも2x CF Express Aが必要である
  • フルサイズでラージ/ミディアム/スモール の設定が可能なロスレスRAW記録
  • 動体に対応する新ピクセルシフト機能。
  • 可動液晶
  • SONY α7SIIIとα7IVをミックスしたようなボディ外観。
  • 既に海外の販売店でα7RV の予約ページが公開されている。
(簡易版カラーチャート付) さぁ、写真をはじめよう 写真の教科書

(簡易版カラーチャート付) さぁ、写真をはじめよう 写真の教科書

大和田 良, 勝倉 崚太, 岸 剛史, 木村 崇志, 船生 望, 圓井 義典
2,090円(12/04 12:10時点)
Amazonの情報を掲載しています
写真総合

写真総合

岡嶋和幸
4,048円(12/03 16:55時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す