スポンサードリンク -

ライカ 副社長 ステファンダニエル氏インタビュー、中判ミラーレス、M EVF、Q3に関するヒントが出てきた?(LR)

Pocket
LINEで送る

【訂正】Leica SLシステムと記述しておりましたが、Leica CLに訂正いたしました。

MacfilosのサイトがLeica社のVice President Stefan Daniel 氏のインタビュー記事を掲載しました。

そしてこのインタビューのまとめ記事をLeicaRumorsが公開しています。

Stefan Daniel (Leica Executive Vice President of Technology and Operations) spoke to members of the Leica Society International in Dublin on October 14 and had some very interesting comments/remarks.

Via :LR – Extremely interesting comments fromn Stefan…
  • Leica SLシステム CLは消滅した。(訂正)
  • Leicaの中判ミラーレスカメラは2025年に生産を行う計画である。
  • Leicaの新銀塩フイルムカメラを出す。
    • (もはや噂の域かだ脱していてそれはLeica M6になる)
  • Leica Mシステムにはサイズの問題からボディ側手ぶれ補正は搭載しない。
  • 何年も前から噂に出ているEVF版のLeica Mカメラ
    • このカメラ発売の決定を下すには何台を販売する必要があるか?と尋ねたところ、数千台の需要が必要であると答えた。
  • Leica Q3が出る。
    • より長い焦点距離のレンズのQカメラ(50mmなどが議論されている)について尋ねたところ、Stefan氏はよくある質問であると謎の微笑みを返した。ノーとは断言しなかったのは驚くべきことである。

ということで、あと3年後に、Fujifilm GFX、Hasselblad X2Dの強力なライバルになると思われるLeicaの中判システムがこの世に出るということですね。

また、フルサイズコンパクトデジタルカメラのLeica Q3に関してはレンズバリエーションモデルがあるのか?それともSIGMA dpシリーズのようにQ3自体がQ2に対して異なる焦点距離のモデルになるのか、これは発表が楽しみになりましたね!
いや、謎の微笑みしただけで、Q2と同じ28mmでしたということになるかもしれませんが。
まぁそれも楽しみとして待ってみたいですね!

ライカ Q2

ライカ Q2

718,000円(11/27 23:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す