スポンサードリンク -

“無双”を超える筈!来年後半にキヤノン EOS R1が出ることをお忘れなく(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsがフラッグシップカメラとなるEOS R1についても決して忘れてはいないという記事をアップしました。

  • Canon EOS R3が発表された直後にも皆さんはCanonのフラッグシップカメラとしてEOS R1はどうなるのかについて話題になった。
  • その後CanonがEOS R10とEOS R7やRF-Sレンズを発表したこともあり、ここしばらくの間その話題が聞こえて来なくなっていた。
  • 我々は2023年後半にCanon EOS R1の発表が予定されていることをこれまでも伝えていいる。そしておそらく春にはそのティザーが出て来ることになると考えている。
  • 最新の情報ではCanonの新フラッグシップは新たな解像度番長になるということだ。
  • また8K動画制作とシネマEOSとの連携にも重点が置かれているが、それでも”C”とは記されることは無い。
  • SONY、Nikon、及びLeicaは約6000万画素のスチル撮影が盛り込まれている。よってレポートを見る限りCanonもその方向に向ているということだ。
  • また、その外観と操作性についてはCanonのフラッグシップカメラであることにに加え新機能も追加されることで更に進化することになるだろう。
  • Canonは撮影者と話し合いながら多くの時間を費やしている。特にEOS R3を使用しているプロフェッショナルと共に開発をおこなっているようだ。

CanonがEOS R3はフラッグシップカメラでは無いと公言していますので、Canonファンの皆様は当然それを忘れることはありませんね!

そしてCanonがEOS R3を先に出したのも、EOS R1の開発にフィードバックする役割も当然あったのかもしれません。それだけに素晴らしいフラッグシップカメラが出ることは間違いなさそうです。

来年の後半ということですのでちょうど1年後になると思いますが、春には新しい情報が出て来るといいですね!

個人的にはEOS R3が”無双”というキーワードを使っていますのでEOS R1がどのようなキャッチフレーズになるかも注目したいと思います。

本当に楽しみです。

キヤノン EOS R7 ボディ

キヤノン EOS R7 ボディ

238,495円(09/26 23:14時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す