スポンサードリンク -

ライカが 10月のイベントで新型Mフィルムカメラを発表する!?(LR)

Pocket
LINEで送る

LeicaRumorsがなんと新型のMフィルムカメラの登場を予測する記事を公開しました!

  • 少し前に現行のLeica MP モデルの後継機となる新Leica Mフィルムカメラについて報告していた。
  • 最初の噂は新しい低価格のMフィルミ機だったが、妥当な線を考えると新カメラは安価なものにはならないだろう。
  • 既にドイツでのプレスイベントが10月に予定されている。
    • このイベントの招待状は既に送られている。
    • このイベントでLeicaの新製品が発表されることを予測している。
  • Leicaの新フィルムカメラは既にフォトグラファーによるフィールドテストが行われている。
  • Leica MPとM-ASのフィルムカメラは米国で在庫が無くなっている。

LeicaRumorsは1月にもLeica Mフィルムカメラの噂を流していました。

そして今回のLeicaRumorsの文面を見ると、Leicaが新フィルムカメラを発表する可能性は高いと感じられます。

Leica M-A(Typ 127)は2014年に発表された機械式のレンジファインダーカメラです。

Leica M-A Typ127
Leica M-A Typ127
Leica M-A Typ127
Leica M-A Typ127

それから8年を経て銀塩フィルムカメラの新モデルの発表ということになるのでしょうか?

日本のカメラメーカーがレンズ交換式の銀塩フィルムカメラの生産を終了させている状況で、Leicaは唯一のホンモノの銀塩カメラメーカーとして歴史を継続させることになるということですね。

ちなみに、Leicaのサイトには、ライカのフィルムフォトグラフィーというページがしっかり存在します。

Leica M-A Typ127

もし新製品が発表されるとすればこのデジタル時代において画期的な発表になることだと思いますし、再び世界中のフォトグラファーが銀塩フィルムによる作品に目を向けることになると思います。

一方で、銀塩フィルムの方は生産が縮小され価格も高価なものになっていますが、それを食い止めるのにもこのライカの流れに追従するメーカーも出てきて欲しいとも思います。

楽しみですね!

Leica 10371 M-A (Typ 127) Camera (Silver) by Leica

Leica 10371 M-A (Typ 127) Camera (Silver) by Leica

798,000円(09/26 16:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

[FUJIFILM]” search=”フジフイルム フジカラー スぺリアプレミアム カラーネガフィルム FUJIFILM”]

超銀塩的写真レタッチ (玄光社MOOK)

超銀塩的写真レタッチ (玄光社MOOK)

横木安良夫
1,650円(09/26 16:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
銀塩写真探偵 一九八五年の光 (角川文庫)

銀塩写真探偵 一九八五年の光 (角川文庫)

ほしお さなえ
554円(09/26 16:11時点)
発売日: 2018/05/25
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す