スポンサードリンク -

キヤノンが RF800mm F5.6 L IS USMとRF1200mm F8 L IS USM発表!2xテレコン付ければ月面も撮れる!!

Pocket
LINEで送る

Canonが2本の超望遠単焦点レンズRF800mm F5.6 L IS USMとRF1200mm F8 L IS USMレンズを発表しました。発売は5月下旬ということです。

またキヤノンオンラインショップでの税込価格は以下の通り。

  • RF800mm F5.6 L IS USMの価格 2,266,000円
  • RF1200mm F8 L IS USM 価格 2,662,000円

プレスリリース

キヤノンは、「EOS Rシステム」の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、プロフォトグラファーやハイアマチュアユーザー向けの大口径超望遠レンズ“RF800mm F5.6 L IS USM”および“RF1200mm F8 L IS USM”を5月下旬に発売します。

Via : Canon – プロ・ハイアマ向け大口径超望遠レンズ2機種を発売大幅な小型・軽量化と高画質を両立
Canon RF800mm F5.6 L IS USM
Canon RF1200mm F8 L IS USM

Canon RF800mm F5.6 L IS USM製品情報ページ

Canon RF800mm F5.6 L IS USM
  • 「エクステンダー RF1.4x」「エクステンダー RF2x」を装着することが可能
  • フルタイムマニュアル
  • 防じん・防滴構造
  • レンズ構成 18群26枚
    • 蛍石レンズ、スーパーUDレンズ
    • ASCコーティング
    • フッ素コーティング
  • 絞り羽根 枚数9枚
  • 最短撮影距離2.6m
  • 最大撮影倍率0.34
  • 倍フィルター径 差し込み52mm
  • 最大径×長さ約 φ163mm×432mm
  • 質量約3140g

RF800mm F5.6 L IS USM 撮影サンプルページ

Canon RF1200mm F8 L IS USM製品情報ページ

Canon RF1200mm F8 L IS USM
  • 「エクステンダー RF1.4x」「エクステンダー RF2x」を装着することが可能
  • 防じん・防滴構造
  • フルタイムマニュアル
  • レンズ構成 18群26枚
    • 蛍石レンズ、スーパーUDレンズ
    • ASCコーティング
    • フッ素コーティング
  • 絞り羽根枚数 9枚
  • 最短撮影距離 4.3m
  • 最大撮影倍率 0.29 倍
  • フィルター径 差し込み52mm
  • 最大径×長さ 約φ168mm×537mm
  • 質量約3340g

RF1200mm F8 L IS USM 撮影サンプルページ

サンプルイメージのページを見るとRF1200mmに至ってはエクステンダー RF2xと組み合わせた焦点距離2400mm、1/80s F16で月を撮影した画像が掲載されています。

ちなみに他社の超望遠レンズの最長焦点距離の事情を見てみると。、。。

  • Nikon -560mm
    • NIKKORZ Z 400mm f/2.8 TC VR Sは内蔵1.4xテレコンで560mm、長さが380mmで質量が2950gで、価格は2,013,000円。
  • SONY – 600mm
    • EF 600mm F4 GM OSSは、長さ449mmで質量3040g、価格は1,974,500円です。
  • FUJIFILM – 換算300mm
  • OM SYSTEM – 換算1000mm
    • M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO は換算1000mmで、全長314.3mm、質量1875gで、価格は880,000円です。
  • Panasonic – 換算400mm
    • LUMIX S はズームで300mmが最長
    • LUMIX Gは入門用で300mmはありますが、プロ用では200mm の単焦点レンズが最長ですね。
  • SIGMA – 600mm
    • 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sportsは、全長265.6mmで質量2100g、価格は198,000円
    • 一眼レフ用でAPO 200-500mm / 400-1000mm がありますが、ミラーレス用レンズとして出して欲しいですね!
  • TAMRON – 500mm
    • 150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD は、全長209.6mmで質量1725gで、価格は187,000円です。

ということでミラーレスカメラで月を最もシャープに撮影できるのは、CanonののRF1200mm+EOS R5ということですね!

また、SONYとNikonの超望遠レンズの価格が200万円前後ですが、RF1200mmは266万円ということですが現時点で唯一無二=無双 な焦点距離を持つレンズですので、この価格の設定も絶妙ですね!Canonさん!

Canon USA公式プロモーション動画

ファーストルック&レビュー動画など

早速海外の販売店やインフルエンサーの方がこの2本の超望遠レンズのファーストルックビデオを公開しています。

150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports ソニーEマウント用

150-600mm F5-6.3 DG DN OS Sports ソニーEマウント用

152,730円(05/19 03:44時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す