スポンサードリンク -

SARに送られて来たソニーの未発表カメラに関する情報まとめ、次は1億画のα7RVかα9IIIかっ?

Pocket
LINEで送る

SonyAlphaRumorsがSONYの次のカメラに関して寄せられている情報の中から注目すべき情報をまとめて紹介しています。

  • 正体不明の方から我々に送られてくるもの90%は間違っている。
  • しかし、過去には幾度か正しい情報も入っていた。
  • 今回は、そんないくつかの情報を公開するので、心の片隅に記憶されていてこれを確認して行くのも良いかもしれない。
  • 各ソースの情報が正しくなると、彼らをより信頼して行くことになる。

ソース1からの情報

  • 1億画素のαが存在する。1/125s、14ビットで10コマ/秒

ソース2からの情報

  • 4240万画素 フルサイズ Exmor R™裏面照射型CMOSセンサー
  • ローノイズ 最高ISO204800、ダイナミックレンジ15Stop以上
  • 8倍以上の処理性能を実現する新世代BIONZ XR™ 画像処理エンジン
  • フレーム範囲90%をカバーする選択可能な759点位相差AFポイント
  • 次世代フルフレーム 8K 24p 10-bit 4:2:2 クロマ・サブサンプリング 記録
  • Super35mmで最大 4K 60p 10-bit 4:2:2 全ての録画フォーマットで5.2Kフルピクセル読み出し
  • 8Kフルフレーム オーバーサンプリング 4K 30p 10-bit 4:2:2 ピクセルビニング
  • 連写は4240万画素AE/AFトラッキングで 最高10fps
  • リアルタイムAFトラッキング、リアルタイム瞳AF(人物、動物、鳥)
  • S-Cinetone、S-Log3、 HLG及び10種類のクリエイティブルックのプリセット
  • 5軸ボディ手ぶれ補正及び手持ち動画撮影時のアクティブモード

ソース3からの情報

  • SONYで働いている人物を知っている人の情報から、以前投稿された記事の技術はすぐに利用可能になるかもしれないと言っていた。
  • その人はこれが携帯電話から始まるのか、カメラから始まるのかは判らないが、”すぐに”と語っていた。
  • ちなみに、ソニーセミコンダクタ社には2種類のAPS-Cセンサがあり、そのうち1つは4000万画素以上である。

こちらの新型積層センサーの情報が実現されるということです。

ソース4からの情報

  • こんにちはα9IIIに関する情報を受け取りました。
  • 2400万画素積層型センサー
  • 30コマ/秒連写
  • 6K 60p 12bit RAW記録
  • 10 bit 4:2:2 4k 最高 60p 6Kからのフルフレームオーバーサンプリング
  • Super35 モードで4k 100/120p

これらの情報からすると、

ソース1は高画素機 → α7RV???
ソース2は動画機 → α7SIV???
ソース3はハイエンドAPS-C機 → α7000???
ソース4はα9III

ということになるかもしれませんね!

これらの情報が1つでも実現されるだけでも、ソニーファンの方にとってはかなり嬉しい情報になりそうですね!

楽しみです。

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す