スポンサードリンク -

ソニー α7IVの隠し機能?区切り画像がとても便利そう!なので更に発展させて欲しい!

Pocket
LINEで送る

今一番人気のカメラの1台といえば勿論SONY α7IVということですよね!
みなさんもう入手されたでしょうか?
もし入手された幸運な方がいらっしゃれば、隠し機能?があるそうなので是非確認してください。

隠し機能はdivider flame

LensVIDのページでは、そんなα7IVから新たに追加された隠し?機能”divider flame”を紹介しています。

こちらがその機能を説明する動画。

この機能は、ユーザーが指定したタイミングで640×480の小さい|→の画像を追加できるという機能のようです。

LENS VIDではこれをカスタムキーに割り当てて例えば、レンズを交換した時などに一発で追加出来て区切りに出来るということで使い方を紹介しています。

またDIYphotographyはタイムラプスやマクロ撮影で便利(ピント位置が微妙に異なる画像をたくさん撮影するからでしょうか?)であるとしています。

I’m not sure if this is a new feature that’s been added in a recent firmware update or if it’s just remained a well kept hidden secret, but the Sony A7 IV has a pretty cool feature that will be very valuable for anybody who shoots timelapses,

Via : DIY photography – THE SONY A7 IV’S HIDDEN “DIVIDER FRAME”

日本語マニュアルで”区切り画像”を発見

で、この機能について日本語マニュアルを見ると、画像間をジャンプす移動する方法を設定するページの”区切り画像”がそれに値することが判りました。

区切り画像を挿入しておけば画像送り機能で、すぐにジャンプ出来るということですね。

これを便利に使うには、区切り画像の挿入を習慣付けておく必要があると思いますので、ちょっと慣れが必要かとも思いますがα7IVのユーザーだけの特権と言えば特権かもしれません。

オールドレンズ使う時、区切り画像は絶対欲しい!

個人的にはこれも他のカメラに一刻も早く採用してほしい機能です。

というのも、オールドレンズを使う時には、Exifが記録されないので、例えば35mmから50mmに交換したときなど、微妙に判らなくなる場合があります。(私の経験が無いだけの話かもしれませんが)
なので、捨てカットを入れるようにしているのです。
がそのために6000万画素RAW+JPEGを挿入するのもちょっとなんだなぁと思っていました。

なのでこの区切り画像とても欲しい機能だと思いました。

区切り画像を更に発展させると色々アイデアありますよね!

で、メーカーさんにはこれを発展させて更に便利に使えるように機能追加して欲しいです。

例えば高速連写モードレリーズした時に最後必ずに区切り画像を入れるようにしていただければ便利なんじゃ無いかと思います。
最新のカメラでは20コマ/秒が普通になりそうなので、もう数秒撮影しただけで画面いっぱいの画面枚数になりますので、ジャンプさせたいですよね。(iPnoneのバースト撮影時など既に同様に機能はあるのでしょうかね?)

また、レンズ交換した時にも自動で区切り画像を入れるとかなり便利になりそうです。で画像にレンズ名称が記載されていると便利なのではと思います。

更に、区切り画像を入れた時だけスマホからGPS情報を拾ってExifに入れるとか、スマホからなら気温やお天気も自動で拾えると思います。
またこれまでの累計撮影枚数なども便利かもしれませんね。

ということで、まずはSONYさん以外のメーカーさんも宜しくお願いいたします!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す