スポンサードリンク -

マップカメラの8月新品販売ランキングでニコンZfcが3年ぶり待望の首位獲得!!

Pocket
LINEで送る

みんな大好きマップカメラさん8月の新品カメラ販売ランキングで、Nikon Zfcがトップを獲得したということです。

Nikon Z fcが、ついに待望の新品ランキング1位を獲りました!
なんと、Nikon勢としては2018年2月D850以来の新品ランキング首位獲得となります。本当に長い道のりでした…

Via: MapTimes – 2021年8月 新品・中古デジタルカメラ人気
  1. Nikon Z fc
  2. Canon EOS R6
  3. Nikon Z6II
  4. Canon EOS R5
  5. FUJIFILM X-T4
  6. SONY α7C
  7. Nikon Z5
  8. Canon EOS RP
  9. RICOH GR III
  10. Nikon Z7II

Nikonの状況

  • Nikon Z fcがついに1位を獲る。
    • 2018年2月D850以来の新品ランキング首位獲得以来。
  • 16-50mmとのレンズキットの方が、ボディ単体の倍以上の販売台数。
    • Nikonユーザーがシステムの一環として購入では無く、新たにNikonユーザーとなるか、単体で使おうという方が多いことが推測される。
  • 現在ボディ単体もキットも品薄状態が続いており次回もキープできるか注目。
  • 3位Z6II、7位Z5、10位Z7II、10位以内に4機種ランクインさせた。
    • これらはZ fcと他の3機種の購買層は少し異なる。
    • メーカーが行っているキャンペーンの効果が表れてきた。

Canonの状況

  • 2位には、EOS R6。
    • キャッシュバックキャンペーンが終わた月でも2位は人気の高さを実証。
  • Canon R5は同数4位で安定した人気を誇る1台。
    • プロの方が仕事用購入、価格の変動に左右されない支持を得ている。

FUJIFILMの状況

  • 同数4位のFUJIFILM X-T4。
    • 目立ったキャンペーンはなくとも安定した人気。
  • 他のFUJIFILM勢はX-E4がランク外11位、X-S10が14位と振るわず…
    • 人気はありながら品薄状態が続き、順位を落とす要因となった。
  • 自社の供給不足とNikonの復調によりかなり危うい状況にある。

SONYの状況

  • 今回精彩を欠いた感がある。6位にα7Cをランクインさせたのみ。
    • 8月1日まででキャッシュバックキャンペーンが終了してしまった。
    • 購入は中古に流れてしまった。
  • 動画撮影カメラマンに人気のα7SIIIが品薄状態に。
    • 代わりにプロカメラマンが選んだのがFX3。α7IIIと同数12位。
    • FX3は動画専用機でα7SIIIより高額で選ばれるということは、SONYを選ぶ理由に動画撮影能力がかなり大きな位置を示すようになってきたと言える。

いかがでしょうか?

マップカメラのランキングではカメラ好きの方、ベテランの方のランキングとなる傾向が高いので、やはりZ fcの人気と注目度が、そんなカメラ好きの方々た他のNikonのカメラも購入させるモチベーションになったのかもしれませんね。
まさにZfcはNikonの看板娘モデルのような存在ですね。

CanonはR5やR6という中級以上の高いモデルが安定して売れているのがやはりトップメーカーたる所以ですね。

SONYとFUJIFILMは小休止といった状況でしょうか、、、

あとRICOHですがやはりカメラ好きの方へのGR IIIの人気は高いようで、発売日以来2年が経過しても淡々と売れているのが素晴らしいですね。
GR IIIxも人気モデルになるのか、あるいは、GR IIIとユーザーの奪い合いを起こしてしまうのか気になるところではあります。(←マップカメラさん口調)

9月は各社複数のカメラやレンズの発表を行いましたが、販売は10月以降のものが多いのですが、9月のランキングはどう動くのでしょうか、、、Zfc 28mm SEキットが9月中に発売されていれば、Zfcの連続トップは固かったように思えますがどうなんでしょうね。

楽しみです。

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す