スポンサードリンク -

ニコンレポート2021が公開!の映像事業について読んでみた

Pocket
LINEで送る

Nikngが、NIKON REPORT 2021を発行しました。
「ニコン レポート」は中長期的成長や企業価値向上の取り組みを伝える統合報告書ということです。

ということで、カメラ・レンズに関連する映像事業について読んで見ました。

  • 映像事業は構造改革を着実に実行
    • 2000人の要員適正化、生産集約、販売会社再編を行った。
  • 2022年3月期
    • プロ・趣味層向け中級機種市場へのフォーカスを継続する。
    • Z9の市場投入を行う。
    • Zマウントのラインナップを30本近くに拡充する。
    • 若年層向けに動画機能を追加、価格を抑えた、エントランス機種の発売、ソフトウェアの提供を行う。
    • BtoBにも積極的に取り組む。
  • 2022年3月は黒字化を果たす。
  • ブランド価値向上
    • ニコンブランドは長期低落傾向にある。
    • 再構築のため、社長直轄組織のデザインセンター、ブランド戦略チープは、デザインの切り口からブランド価値向上と、価値用を目指すプロジェクトを進行中。
    • これまではやや保守的あったことを自覚している。
  • Z7II、Z6IIの販売が好調だが、市場の縮小及び新型コロナウィルスの影響により減収となった。

ということで、このレポートの内容を見るとNikonが今後もカメラ事業を確実に継続していくと共に、デザインやユーザー体験なども含めたブランド価値向上を行なって行くという、これまでよりも一歩進んだ姿勢を示しているようで、確実に復活しそうですね!

細かいところで言えば、動画機能を強化した低価格の入門機というのは噂にも出ているようにNikon Z30を出すということでしょうか?

つまりは他社がトレンドにしているVLOGCAMもNikonなりの解釈として出て来るかもしれませんね。

ちょっと気になるのは、Nikonは昔から他社と同じ単語・用語を使わない傾向があります(今回も”エントランス機種”とか)のでVLOGCAMではなさそうですが、、、、

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す