スポンサードリンク -

フジフイルムのGFX500ドルキットレンズが確定か?お坊さんのありがたいお話でそのメリットが理解できる?(FR)

Pocket
LINEで送る

先日、FujiRumorsが500ドルのGFXキットズームレンズを出すという記事を掲載しましたが、その追加記事を出しています。

ちょっと長い記事のようで(^^要はサブジェクトに書かれているFix、つまり確定したということのみ注目されても良いかもしれませんが、内容を圧縮してご紹介いたします。

The Upcoming $500 (kit price) GF Zoom Lens is Going to Fix the True Anomaly in the GFX system

Via: Fujirumors
  • 昔ある仏教のお坊さんが「純水では魚は生きられない」と書かれたことを読んだことがある。
    • この教えをカメラ機材というもっと俗な対象に当てはると”完璧すぎるシステムにはお客様がいない “と言い変えるとずれば、その”お客様 “こそがシステムを生き長らえさせるということだ。
  • 実際、これまでのGFレンズのラインナップでFUJIFILMは完璧さだけを追求してきたことが、本当の意味での異常なことであると考えられる。
    • しかしGFXシステムが生き残るためには、絶対的に完璧なレンズだけでなく、より小さく、より軽く、より手頃な価格のレンズなど、あらゆるものを少しずつ妥協する必要があるだろう。
    • このようなバランスが、富士フイルムの成功を確証し、GFXシステムにますます多くの新規顧客をもたらすことになるだろう。
  • 来るべき500ドルのGFズームレンズ(キット価格)は、素晴らしい動きだと私は確信している。
    • 小さく、軽く、遅く、手頃な価格でありながら、1億2000万画素以上の解像力を維持し、かつ、カジュアルな撮影や旅行写真に最適なものになる。
  • 500ドルのGFズームと手頃な価格の新GFボディの組み合わせは、GFXシステムに非常に多くの新規顧客をもたらす可能性と、GFXシステム全体が大きな利益を得ることになる。
    • その結果FUJIFILMはより多くの「完璧な」レンズとハイエンドボディを開発するためのリソースを得ることができるのだ。
  • 完璧でない、つまり手頃な価格で持ち運びが容易でコンパクトであるということ、GFXシステムにはそれが必要な筈である。

私も、FUJIFILMのリーダーの方や開発、デザインの方のご発言を聞かせて頂いたり、読ませて頂いていると、皆さん本当にロジカルな思考をされており、加えてエモーションをお持ちになられている方々ばかりで(僭越で申し訳ありませんが)すごいなぁといつも感じていました。

確かに、FUJIFILMのレンズはどれもハズレ無しというのがこれまでユーザーを獲得されたいた最大の要因だったかと思います。

一方で、古くからのカメラメーカーは、所謂撒き餌レンズや、標準キット用のレンズも準備されており、それらは満足出来る性能でありながらも、上級レンズとの差異も判らせるようなマジックな(^^レンズだったと思います。

今回、中判用として破格な500ドルのキット価格を実現するレンズ、完璧なFUJIFILMはどのようなレンズを出して来るのでしょうか?

楽しみですね!

ちなみに、FUJIFILMも完璧ですが、このサブジェクトだけでこのような完璧なストーリーの記事を執筆できるFujiRumorsの方もかなり完璧ですね!

このようにフジフイルムユーザーの方は皆さんインテリの方が多い、、、、とすれば、野蛮な私ですが、出来ればGFXのお仲間入りさせて頂けたらなぁとも思いますので修行して来ます!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す