スポンサードリンク -

GoPro Labs 1周年 を記念しHERO5 session に対応!朗報は私だけ?(^^

Pocket
LINEで送る

殆どの皆様には関係ない(^^と思いますが、GoPro HERO5 Sessionユーザーの私にとって朗報が出ました。

And today, the list of supported GoPro cameras is also growing with the inclusion of HERO5 Session. HERO5 Session will now benefit from many of the QR code-controlled commands that GoPro Labs unlocks.

Via:GoPro – GOPRO LABS CELEBRATES 1 YEAR + NOW WORKS WITH HERO5 SESSION

GoProカメラの先進的な機能をユーザーが開発するGoPro LabsのサポートカメラにGoPro HERO5 Sessionが追加されたということです。

  • GoPro Labsプログラムは2020年5月に立ち上げられ、GoProの達人とスーパーユーザー達により通常のGoProで未発表の機能にアクセス出来るようになる。
  • 魔法のようなQRコード機能が開発された。
  • また、Scheduled Captureなどの機能の一部が、2020年後半発売のHERO9Blackの公式ファームウェアに組み込まれていた。
  • 本日、プログラムがサポートするカメラにHERO5 Sessionが追加されるに至った。
  • HERO5 Session がGoPro LabsをアンロックすることでQRコードコントロールコマンドの恩恵を受けるようになる。
    • リモートスタートに対応するための起動タイマー
    • カメラのモードセッティングの設定(Protune設定も含む)
    • 好みのモードをQRコードでビュジュアルプリセットとして保存することが可能
    • カメラスクリプト
      • 例えば建設現場のタイムラプス撮影を日中だけに行う設定
    • オーナー情報によるパーソナライズ
  • サポートされているGoProモデル
    • HERO9 Black
    • MAX
    • HERO8 Black
    • HERO7 Black
    • HERO5 Session
  • GoPro Labs ファームウェアのダウンロード先 は GoPro.com/Labs

GoPro公式YouTubeチャンネルに動画がアップされています。

この動画で説明されているように、今更(^^ HERO5 SessionがサポートされたのはFPVドローンに搭載するためにはGoPro史上最も小型で最軽量のHERO5 Sessionだからということですね。

というか、このQRコードセッティング機能、モニタを持たないHERO5 Sessionの為にあるようなものですね!(^^

私がHERO5 Sessionを使い続けている理由はバイクのカウル内でフロントビューを撮影する時、限られたスペースに搭載するにはHERO7 Blackなどでは大き過ぎることもあるということです。
HERO9 Blackになると更に大きくなっていますからね。

こんなセッティングです。

GoProは元々サーフィンのオンボードカメラとして作られたのが始まりだと思いますが、そのごウインタースポーツ、エクストリームスポーツ、モータースポーツ用のカメラとして進化しました。
ところがGoProは更にドローンやジンバル製品もリリースしましたが上手く行かず経営危機に陥ったことで機種を大きく絞り込みSessionシリーズも整理され消滅しました。

更にここ最近は自撮り機能などのVLOGユーザーに目を向けた進化に路線変更しているようで、本当に小型軽量のGoProでは無くなっているように思えます。

そして今回GoPro LabsがSessionに対応したということで、GoProが小型のスポーツ用ウェアラブルカメラにもう一度目を向けて頂きたいと私とFPVドローンな方は思われている筈ですので宜しくお願い致します(^^

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す