スポンサードリンク -

ソニーα6900は外観はまるでAPS-C判のα7Cでα1から継承した高速センサーを搭載したもの(SAR)

Pocket
LINEで送る

SonyAlphaRumorsが発表時期が近くなっているというSONY α6900に関する追加情報を掲載しました。

Another (new!) source told me this about the new High end camera. Not sure if it’s true but I guess it is:

Via:SAR – RUMOR: Some more High End APS-C camera
  • 新しいソースが新ハイエンドカメラに関する情報を伝えてきた、それが真実になるかは不明だが、、、
  • 新α6900はα1の Exmor RSセンサーをAPS-Cの3200万画素にしたものである。
  • また、連写速度も20コマ/秒に制限している。
  • そして、完全電子シャッターで初のフラッシュシンク速度1/250sを実現したものである。
  • α6900のボディはα6600よりも軽量になる。

ということです。
新型APS-Cセンサーはやはりα1の技術を継承したもののようですが、高速読み出しの性能に加えAPS-Cにしたことで、グローバルシャッターの読み出し面積を小さくすることで、フラッシュシンク1/250sを実現したということですね。(今回の噂が本当であれば)

これまでのα6900の情報まとめ

  • 基本的にはα7CにAPS-Cセンサーを搭載したようなものになる。
    • 同じEVF、LCD解像度
    • 同じティルトタイプのリアモニター
    • 同じ新メニュー
    • α7Cのボディを僅かに変更したもの
  • ボディ側手ブレ補正をAPS-Cセンサーに適合させ性能向上
  • 新型イメージセンサー
    • 現行のAPS-Cシリーズよりも高解像度
  • α6600と同じ連写速度、しかしより大サイズのファイルを処理している
  • 低照度の性能を向上
  • ローリングシャッターを低減
  • 動画スペックはα7Cに近い
  • 価格はα7Cに近い

フルサイズに拘らないのであれば、α7Cを高速化してコンパクトなレンズが使えるようになるα6900はとても魅力的なカメラになりそうですね!

ただし、新しいAPS-Cレンズも期待したいですね!
楽しみです。

で、価格はα7cに近いとすれば、20万円前後ということでしょうかね。

当然α6600よりも高価だと思いますが、最近のフルサイズミラーレスカメラの高騰状況で(^^なんだかお買い得のように感じてしまいました、、、、

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6600 ボディ ブラック ILCE-6600

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6600 ボディ ブラック ILCE-6600

154,820円(06/22 11:55時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す