スポンサードリンク -

キヤノンはもうすぐRF超望遠レンズなどを発表するが更に来年も目玉レンズが控えているようです(CR)

Pocket
LINEで送る

ここ数日で軒下デジカメ情報局がCanonの新RFレンズ、RF 100mm F2.8L MACRO IS USM、 RF 400mm F2.8L IS USM と RF 600mm F4L IS USM等をリークしているようです。

そしてCanonRumorsは更に超望遠レンズの開発を続けているという情報を流しています。

Canon will soon announce the RF 400mm f/2.8L IS USM and the RF 600mm f/4L IS USM. The first super-telephoto lenses for the RF mount. They aren’t stopping there.

Via CR – Canon is developing more
  • CanonはRF 400mm F2.8L IS USM と RF 600mm F4L IS USMレンズをもうすぐ発表することになるが、更にRFマウントの超望遠レンズの展開を止めることは無いようだ。
  • 更にこれらのレンズが開発されており、来年にも発表されるだろう。
  • Canon RF 400mm f/4 DO IS USM
    • DOエレメントによりこの種のレンズで最も小型軽量になる。
    • RFマウントに最適化された光学設計となっている。
  • Canon RF 200-500mm f/4L IS USM
    • 多くの人がEF 200-400mm f/4L IS USM 1.4xレンズを好んでおり、Canonはその後継レンズを持って来るだろう。
    • ソースによればこのレンズがてれコンバーターを内蔵しているかどうかは不明であるということだ。

これらの超望遠レンズが登場するということは、Canonのプロ向け新ミラーレスカメラEOS R3の開発発表に花を添えることになりそうです。

サプライズ!?キヤノンがもうすぐフラッグシップミラーレスカメラEOS R3の開発発表を行う!?これってリークイメージ?(軒下デジカメ情報局)

もうボディも望遠レンズを中心としたミラーレスカメラのレンズ開発にも全力を入れているということですね。

勿論NikonもZ9を開発発表しましたし、Zマウントレンズの拡充を予告しています。

ニコンのCFOが日本経済新のインタビューでもうすぐ?新型カメラの発表とZレンズ12本の投入を明言!

いよいよ両しゃが今年中にフラッグシップ機と超望遠レンズを準備したことで、来年やっと、いや、いよいよSONYに挑む年になりそうですね!

楽しみですが、やはりこの勢いからするとEFレンズは今後出てこないのかもしれませんね、、、、ちょっと寂しいです。

海外でキヤノン EFレンズのディスコンが更に加速(CR)

キヤノン RFレンズ RF70-200mm F2.8 L IS USM

キヤノン RFレンズ RF70-200mm F2.8 L IS USM

359,680円(05/13 17:09時点)
Amazonの情報を掲載しています
キヤノン RFマウント単焦点レンズ RFレンズ RF5018STM

キヤノン RFマウント単焦点レンズ RFレンズ RF5018STM

29,007円(05/13 10:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す