スポンサードリンク -

リコーの360度全天球カメラ THETA Z1 51GBが発売されたので価格を調べてみた

Pocket
LINEで送る

少し前に、RICOH THETA Z1がディスコンになりましたが、正式に後継モデルの予告も匂わせていたいました。

(追記)正式リリースあり>リコー THETA ハイエンド2機種が生産終了でSC2のみに

そして今回そのお約束通りメモリを増強した新モデルとして発売されるということです。

プレスリリース

ワンショットで360°の静止画や動画を撮影できる360°カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」の最上位機種として前身機種から内蔵ストレージを拡張した「RICOH THETA Z1 51GB」を4月下旬に発売いたします。

Via : リコー プレスリリース
  • 2019年5月に発売した最上位機種「RICOH THETA Z1」の内蔵ストレージを従来の19GBから51GBへ拡張したモデル
  • 1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサー
  • レンズ構成 10群14枚
  • 撮影距離 約40cm~∞
  • 約2300万画素相当(6720×3360ピクセル)の360°静止画
  • 動画撮影時には回転3軸補正による強力な手ぶれ補正機能
  • 4K(3840×1920ピクセル)、30fps(フレーム/秒)相当の360°動画
  • 動画:MP4 MPEG4 AVC/H.264
  • 4chマイク
  • 360度ライブストリーミングが4Kに対応
  • 0.93型有機EL情報パネル
  • Fn(ファンクション)ボタン
  • RAW(Adobe® DNG形式)での保存に対応
  • Android™ベースのシステムを採用
  • マグネシウム合金ボディ
  • 電池寿命 静止画:約300枚 動画:約60分
  • Wi-Fi
  • Bluetooth 4.2
  • 外形・寸法 48mm(幅)×132.5mm(高さ)×29.7mm(24mm*9)(奥行き)
  • 質量 約182g
  • 公式ストア価格132,800円(税込)
  • 発売日 4月下旬
RICOH THETA Z1 51GB

製品情報ページ

実売価格

アマゾン、マップカメラさん、カメラのキタムラさんでは12万円強で予約受付中とのことです。

不動産関連などで一定の需要があるということですのでこの価格で効果があればかなりお買い得という感じでしょうか?

現在、競合もいくつかの360度カメラを発売していますが、最近のモデルは動画重視のアクションカメラ的なモデルとなっているなか、静止画を重視し、外部アプリでのスティッチ作業が必要無いTHETAは独自のポジションとして活躍できそうですね。
そのような用途では逆に内蔵メモリの方が簡単で良いかもしれませんね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す