スポンサードリンク -

米国DJIで内部闘争と権力争いが発生、一部の人材が流出(ロイター)

Pocket
LINEで送る

DJIの米国事業拠点で、内部闘争による権力争いが発生しており、幹部や従業員が転籍、退職または解雇を強いられているということです。

ここ数カ月間は北米事業で内部闘争が起こり、解雇や退職が相次いでいる。20人以上の現従業員と元従業員へのインタビューで明らかになった。

Via ロイター アングル:ドローン最大手中国DJIに異変
  • ここ数カ月間は北米事業で内部闘争が発生。主要幹部が退社して一部がライバル社に転籍。
  • 昨年、カリフォルニア州パロアルト、同バーバンク、ニューヨークの事務所を去ったのは、北米地域のチーム200人強の約3分の1
  • 昨年12月、米商務省が禁輸リスト「エンティティー・リスト」にDJIを加えた。
    • 同社が米国の技術や部品を購入・使用するのを禁じた。
  • 同じ12月、DJIの米公共安全責任者だったロメオ・ダーシャー氏が退職
    • 米航空宇宙局(NASA)の元幹部で、ドローン業界の重鎮
    • 今、DJIと競合するスイス企業・オーテリオンに転籍
  • カリフォルニア州R&D部門を閉鎖
    • 今年2月にパロアルトにある米旗艦調査センターで研究・開発(R&D)部門の責任者が退職し、残り約10人も解雇

今回の内部闘争は、中国企業に対する警戒が強まっている米国での話ということで、これもトランプ政権下での影響とも言えるかもしれません。

ただ夢の飛行体験を実現する革新的なFPV Droneを発表したばかりですので企業としても活動はそのまま続けられていますので今後もドローン業界のリーダーとして発展して行くものと思われます。

しかし、多くの企業には繁栄と衰退の繰り返しをどう乗る超えるかが、更に生き残るための資金石になるかと思います。

トランプの真実

トランプの真実

ダグ・ウィード
3,235円(10/22 19:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
日本人が知らないトランプ後の世界を本当に動かす人たち

日本人が知らないトランプ後の世界を本当に動かす人たち

増田悦佐
1,540円(10/22 19:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
ジョン・ボルトン回顧録 トランプ大統領との453日

ジョン・ボルトン回顧録 トランプ大統領との453日

ジョン・ボルトン
2,970円(10/22 07:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す