スポンサードリンク -

ソニーが中判クラスの1.2億画素グローバルシャッターセンサーPregius「IMX661」の出荷を予告(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る

SONYが3.6型(46.2×32.9mm)というCMOSイメージセンサー「IMX661」を発表したということです。

ソニーは3月9日、CMOSイメージセンサー「IMX661」の商品化を発表した。カラー品と白黒品を用意。産業機器向けとして、2021年4月のサンプル出荷を予定している。

Via デジカメwatch -グローバルシャッター機能搭載の1.2億画素

ちなみに、FUJIFILM GFX100Sのイメージセンサーは3.4型(寸法43.8mm×32.9mm)ということですので、今回発表された3.6型センサーとほぼ同じ大きさですね。

ということで、FujiRumorsでは次期GFX100SIIには、この1.2億画素のグローバルシャッターセンサーが搭載されるのでは?という色めき立っているようです(^^

In that article, we already made clear that this is a 3.6 type sensor, whereas the GFX uses a minimally smaller 3.4 type sensor.

Via FR – Sony to Release New 127 Megapixel Large Format

ただし今回の「IMX661」センサーは産業カメラ向けということですが、一般的なCマウント用の1型センサーの10倍の撮像面積を持つということですので、デジタルズームを前提にしたものなのか、あるいは微細パターンなどのエラーチェック用のものなのでしょうか?

ちなみにSONYはPregiusシリーズとして既にグローバルシャッター構造のCMOSイメージセンサーを多数発売しています。
下のラインナップの図では2500万画素クラスは既に発売中のようですね。

こちらの動画のように産業向けカメラとして高速動作するモノを確実に捉える必要があるということでグローバルシャッターセンサーが使われているということですね。

SONYが1億画素以上のグローバルシャッターを普通に製造出来るようになったのが判りましたので、すぐにでもコンシューマーカメラ用として、中判、フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズ用センサーを作って頂いて、各メーカーの次世代カメラはグローバルシャッター方式になれば良いですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す