スポンサードリンク -

ニコンが4Kx4Kで超高速1000fps&110db高ダイナミックレンジを実現する積層型イメージセンサーを開発

Pocket
LINEで送る

Nikonがプレスリリースで、高速、高ダイナミックレンジを実現する1型正方1784万画素積層型CMOSイメージセンサーを開発したことを公開しました。

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、秒1000コマ、HDR特性110 dB、4K×4Kの高解像度での撮像を実現する、総画素数約1784万画素の積層型CMOSイメージセンサーを開発しました。

Via: Nikon – 積層型CMOSイメージセンサーを開発

主な仕様、特徴

  • 2.7 um画素サイズに積層接続技術を採用
  • 撮像素子トップチップをボトムチップのロジック回路から直接制御可能
  • 1型、4K×4K画素の解像度
  • ダイナミックレンジ
    • 110 dB(1000fps)
    • 134db(60fps)
  • 秒1000コマの高速動画撮影
    • 秒最大1000コマのスーパースローモーションの撮影が可能
  • トップチップは、16×16ピクセルを1ブロックとし、1画面に264×264ブロック(4224×4224ピクセル)が分割配置
  • ボトムチップから画面内の領域ごとに露出時間を細かくコントロールすることを可能とした広いダイナミックレンジを実現

今後のNikonのイメージセンサー開発

  • 映像分野のみならず、さまざまな産業分野でも小型・軽量、高フレームレート、広ダイナミックレンジ、高解像の全てを実現するイメージセンサーが求められている。
  • イメージセンサーの技術開発は、映像業界をリードするニコンに不可欠であり、今後もセンサーの研究開発を継続する

ちなみにCanonが昨年280万画素で120db HDR 30fpsという高ダイナミックレンジのCMOSイメージセンサーの開発を発表していました。

がしかし、今回のNikonの新型センサーは134dbで60fpsという圧倒的なダイナミックレンジを実現し、更に1000fpsという通常のスチル撮影であれば事実上グローバルシャッターとなる超高速の処理&転送能力を持っているいます。

更に、今後領域ごとの露出変化をさせるセンサーが登場するという流れになっているという記事をアップしましたが、それも実現したという正に革新的なイメージセンサーということですね。

このセンサーが、コンデジ或いはミラーレスカメラにすぐに使われることは無いかとは思いますが、なんとか早期になんらかのカタチで製品化して頂ければ、Nikon復活の道も見えてくるのでは?とも勝手に思ってしまいました。

本日ちょうどSONYがジグザグセンサーを発売する?という情報も流れまし、勿論Canonもグローバルシャッターのイメージセンサーを開発しています。

ソニーの新型6000万画素45度配置のジグザグフルサイズセンサーのスペックシートがリーク?(SAR)

サムスンのスマホに搭載された1億画素センサーにはシネカメラを超える技術のデュアルゲインHDRが搭載されている

キヤノンがEOS-R1用としてグローバルシャッターの2100万画素センサーを開発している?(CR)

ここにきてイメージセンサーの話題も出て来て面白くなりましたね!
楽しみですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す