スポンサードリンク -

今年のキヤノンの新RFレンズの発表スケジュールは全て後倒しになる?(CR)

Pocket
LINEで送る

もうすぐCP+2021オンラインショーが開催され、Canonも盛大なバーチャルイベントを計画しているようです(こちらにまとめています)。
しかし、肝心の新製品発表についてちょっと心配な情報が出て来ました。

The source claims that a new body was scheduled to be announced along with a couple of lenses. It now looks like that isn’t going to happen.

Via: CR – Delays seem to be the name
  • Canonは、2021年2月25日から始まるCP +の前にもバーチャルショーとして何らかの情報公開をを計画していると聞いている。
    • ソースは新ボディと複数のレンズが同時に発表される予定だったことを主張しているが、現時点ではその通りにならないようだ。
  • カメラやレンズの開発発表はいつでもある可能性があるが、この場合リーク情報は得られ難い傾向にある。これはせっかちな消費者にとってづ痛の種になる。
  • 以下3つのレンズについて製造上の問題によって、大幅に遅れることになるだろう。これまで発表時期を確認出来ていたのはこれらのレンズである。
  • Canon RF 18-45mm F4-5.6 IS STM
    • 焦点距離的には興味深いレンズで、APS-Cセンサーカメラキットレンズとなる可能性が高い。
    • 本来は2021年の第1四半期に発表される予定だった。
  • Canon RF 24mm F1.8 ISSTM Macro
    • このコンパクトな広角マクロレンズは2021年の第4四半期に発表される予定だったが、2022年に後倒しされるようだ。
  • Canon RF 100-400mm F5.6-7.1 IS USM
    • このレンズは2021年の第2四半期の終わりに発表される予定だったが少なくとも6か月は延期されたようである。
  • 今年は発表日を特定するのが難しい年になるだろう。
    • 製造業の課題は今後数か月で改善するはずなので、これらのすべてが2021年の後半にプッシュされるかを注目したい。

RFレンズも人気の為でしょうか納期が掛かる傾向にあるようなので、新レンズの登場も後倒しになるのかもしれません。

また先日、SONYのFE 35mm F1.4 GMレンズも発売日が未定に変更されたというリリースがありました。

ソニーがFE 35mm F1.4 GMレンズの発売日が未定に

今回の噂でもCanonのレンズも遅れるということですので、これらは共通の要因が発生しているということでしょうか?

先日もレンズ生産メーカーが多く存在している東北で地震がありましたので更に心配です。

累計1億5千万本の次にステップに向けてレンズ生産もより安定化すると良いとも思います。

キヤノン RF/EFレンズ生産数累計1.5億本を達成!世界最多記録を更新!

Canon 単焦点標準レンズ RF50mm F1.2L USM EOSR対応 RF5012LU

Canon 単焦点標準レンズ RF50mm F1.2L USM EOSR対応 RF5012LU

329,779円(06/22 15:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
Canon RFレンズ RF85mm F1.2 L USM

Canon RFレンズ RF85mm F1.2 L USM

411,994円(06/22 13:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
キヤノン RFレンズ RF24-240mm F4-6.3 IS USM RF24-240ISUSM

キヤノン RFレンズ RF24-240mm F4-6.3 IS USM RF24-240ISUSM

133,484円(06/22 13:57時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す