スポンサードリンク -

フジフイルムが近いうちに投入する新中判カメラGFX100Sは手ブレ補正の小型化でGFX50Sより小型になる?(FR)

Pocket
LINEで送る

FujiRumorsがまた1億画素の新中判カメラGFX100Sの嬉しい情報を公開しました。

Well, according to information I have received from trusted sources, the Fujifilm GFX100S will be actually “a bit smaller” than the Fujifilm GFX50S!

Via:FR – BREAKING: Fujifilm GFX100S will be a Bit Smaller
  • 12月の初めに次に出るGFX100Sの大きさはGFX50Sとほぼ同大きさになるということをお知らせした。
  • そして、信頼できるソースから得た情報によれば、GFX100SはGFX50Sよりほんの少しだが明らかに小さくなっていることが伝えられてきた。
    • 2019年の時点では、何故GFX100が大きくなってしまった要因の1つは手振れ補正ユニットだったが、現時点でFUJIFILMはその機構を最小化して来たのが小型化ポイントになっているのだろう。
  • これまでのGFX100Sに関する情報まとめ
    • 1億200万画素中判 ベイヤーセンサー
    • 裏面照射型、全面位相差ピクセル
    • ボディ側手ブレ補正
    • GFX50Sよりもやや小型になる
    • 2021年の早期に発表される

GFX50Sより小型軽量で価格も安く、1億画で手ブレ補正内蔵となれば、もうGFX100Sを選ばない理由は無いということですね。

楽しみです。

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

フジフイルムが近いうちに投入する新中判カメラGFX100Sは手ブレ補正の小型化でGFX50Sより小型になる?(FR)」への2件のフィードバック

コメントを残す