スポンサードリンク -

ニコン 銀塩フィルム一眼レフカメラ F6、デジタル一眼レフカメラ Dfが旧製品になった

Pocket
LINEで送る

Nikonの、いや、最後のフィルム一眼レフカメラF6と、レトロテイストなデジタル一眼レフカメラDfが旧製品になっています。
実は8月頃そのような噂が出ていたようで、ご存知であれば申し訳ありません。

その価値は時代を超えることが終了、、、、、NikonF6 生産完了

Nikon一眼レフの製品リストにはもう無く、Nikon F6の製品情報ページが旧製品カテゴリに移動しています。

Nikon F6 その価値は時代を超えて、受け継がれて行く

キャッチフレーズの「その価値は時代を超えて、受け継がれて行く」となっているのが少し悲しい感じがします。

ところで、2018年のレポート記事ではニコン仙台工場にNikon F6の生産ラインが存在していました。

Z7を製造している仙台ニコンでのQA、自動化率は76%

そして、5月にNikonの決算発表で業績悪化によるリストラを発表、11月にNikonはカメラの宮城での生産を止めて海外工場に移行するというニュースがありました。

ニコンの2020年3月期決算発表で赤字に、海外でレイオフも

ニコン半導体事業も荒波に呑まれ中、日本製のニコンのカメラは消滅するのか?

これらのことから、Nikonのカメラ生産拠点となるタイ工場ではもうフィルムカメラを製造することは無いということですね。

Nikon Dfも旧製品ラベルが付けられた

更に、Nikon公式のデジタル一眼レフの製品リストにあるNikon Dfに旧製品ラベルが付けられました。

Nikon Df

確か、11月18日にNikon Dfの在庫が少なくなっているという記事をご紹介させて頂いた際には旧製品ラベルは付いていませんでした。

↓こちらが11月18日時点での製品情報ページ

未だ、旧製品カテゴリには移動していませんが、上の記事でご紹介した販売在庫も無くなっていますので、Dfも生産が完了したことは間違い無いと思われます。

ということで、ニコンはタイ工場に生産を移行するタイミングで最後のフィルム一眼レフカメラF6と、銀塩一眼レフカメラの良き時代のテイストを味わえる最後のNikonの一眼レフカメラDfが旧製品になったのはちょっと寂しいですね。

気になるのは、Nikon D6のようなフラッグシップ一眼レフはタイで生産が継続されるのかということです。
入門一眼レフカメラは以前からタイで生産されていたので大丈夫だとは思いますが、、、、

一眼レフ人気は未だ欧米で続いているようですので、Nikonこそそのような需要に対応して欲しいと思います。

CIPAが10月カメラ出荷台数統計を発表。コロナ禍から脱却の傾向?そして欧米は何と一眼レフが大幅増

追伸>ニコンダイレクトにDfの在庫が復活!

何とニコンダイレクトでシルバーのDfの在庫が復活しています!ラストチャンスかも?

ニコンダイレクトに Nikon Dfのシルバーの在庫が復活!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 【中古】 《美品》 Nikon F6ボディ
価格:149800円(税込、送料無料) (2020/12/3時点)

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す