スポンサードリンク

キヤノン EOS M7のスペックに関する噂とEOS Mの継続に関する噂(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsがEOS Kiss M7に関する情報をまとめていますが、CanonはEOS Rシステムとの棲み分けが今後あるのか?についても追記しています。

More specifications for the Canon EOS M7, rumored to be announced this year are making the rounds on the web.

Via : CR – Rumored Canon EOS M7 camera …

Canon EOS M7の噂に出ているスペック情報のまとめ

  • 年内に発売されるというCanon EOS M7の噂がWebで広まっているがこれらのスペックは未だ確認出来ていない。
    • APS-C 3200万画素 デュアルピクセルAF II
    • ボディ側手ブレ補正
    • DIGIC LSIはわずかな改善
    • チープな EVF、23.6万ドット
    • デュアルSDカード、速度は4年前のカメラと同等のスペック
    • 連写速度 12コマ/秒だがAF追従の速度では無い
    • 4K 24p – 60p 、APS-C全面でサンプリング
    • 1080p 最高120p (120fpsではオーバーヒート制限)
    • 市場の要望からCLog モードを搭載
    • 価格 $1599 (EOS M50 との関係からすると違和感がある情報)

EOS Mシステムの今後についての噂

  • 次の情報は、2021の初頭あたりでCanonがEOS Mシリーズの継続を中止するだろうということだ。
    • これは、カメラ及びレンズをこれ以上出さないということであり、EOS Rシステムが中心となり(EOS Mは)歴史の一部となるということだ。
  • ここ数ヶ月の間にこのような情報が聞こえて来ている。しかしそれらの情報は全て匿名からのものばかりという状況だ。
    • よって、それらが正しいかどうかの判断は出来ない。今後は更に確度が高い情報が得られることを望んでいる。
  • そして、これはAPS-CのEOS Rが出るという意味なのだろうか?
    • そのような情報は伝わって来ていないが、そのようなことは幾度か話題になっている。
  • 2021年には非Lの18-45mmレンズが出ることも判明している。
    • これはEOS Rシステム用としては非常に奇妙な焦点距離であり、これまではAPS-Cカメラのキットレンズとして18-55mm/18-45mmが存在している。

もし今回の情報が全て正しいとすれば、EOS M7はEOS Mシリーズで最後のカメラになるということでしょうか?

ただ情報で個人的に気になるのは、EOS Kiss が今後どのマウントを中心にして行くのかということです。
日本独特のパパママ向けのEOS Kiss Mがそれなりのシェアを獲得していることからするとEF-Mマウントも未だ必要だと思うのですが。。。。

今すぐ使えるかんたんmini Canon EOS Kiss M 基本&応用 撮影ガイド

今すぐ使えるかんたんmini Canon EOS Kiss M 基本&応用 撮影ガイド

鈴木 さや香, MOSH books
1,518円(09/28 07:15時点)
発売日: 2018/10/17
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す