スポンサードリンク

オリンパス OM-D E-M10 Mark IVを国内でも発表「きみとのはじめては、初めての一眼で。」

Pocket
LINEで送る

既に海外で発表されていたエントリ向けミラーレスカメラOLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV が日本国内でも正式発表されました。
発売日は9月18日ということです。

また、価格はオープンですが、メディアサイトに書かれている店頭予想価格はボディ単体が税別9万円前後、ダブルズームキットが税別12万円前後ということです。

プレスリリース

オリンパス株式会社は、どこへでも気軽に持ち歩ける小型・軽量ボディーに、より強力になった5軸手ぶれ補正をはじめとする充実の撮影機能を凝縮した「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠のミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」を2020年9月18日から発売します。セルフィーにも最適な可動式液晶モニターと高精細な電子ビューファインダー双方を備え、自由なスタイルでの撮影を存分に楽しめます。

Via : オリンパス – ニュースリリース

プロモーションビデオ

製品情報ページ

スペシャルコンテンツ

「きみとのはじめては、初めての一眼で。」というキャッチのスペシャルコンテンツページは、お若いお子様が生まれたばかりのファミリーをターゲットというかなりピンポイントな訴求がされています。

このカメラは、これまで写真はスマホだったご夫婦にお子様が生まれたことで、初めて一眼カメラを購入しましょうというストーリーだするとライバルはスマホということでしょうかね。

同じくマイクロフォーサーズフォーマットの新カメラPanasonic G100がVlogカメラというある意味全く別方向がターゲットになっているのが面白いです。

個人的には、最近ミラーレス一眼がいずれも高価になっている状況で、小型軽量でお買い求め易い価格のこのカメラはもっと幅広い層に訴求されても良いかとも思いました。

いずれにしても、年内に映像事業部が分社化されてしまうOLYMPUSですが、このような魅力的なカメラをこれからもどんどん出して欲しいですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す