スポンサードリンク

ソニー α7SIIIの冷却システムは防滴構造、画質はARRI Alexa Miniに匹敵(SAR)

Pocket
LINEで送る

SONY α7SIIIのプロトタイプを試用したという2つのソースから情報が送られて来たということです。

Two sources shared some more info about the A7sIII camera. I thank them both! Disclaimer:

Via: SAR – RUMOR: More info about that new A7sIII cooling system….
  • 2つのソースがα7SIIIに関する情報をシェアして来た。
    • 但し両者ともプロトタイプをテストしているということなので、幾つかの機能が変更される可能性や、レポートされていないことも留意して欲しい。
  • ソース1(初めてのソースなので確度は低い)
    • α7SIIIの新パッシブ冷却システムは、カメラの右サイドに小さななスリットが設けられており空気が出入りすることで冷却出来るようになっている。
    • パッシブ冷却システムによってノイズや騒音は全く発生せず、動画撮影時のオーディオ記録を妨げない。
    • パッシブ冷却スリットにはメッシュが設けられており防滴構造は保たれているようだ。
    • より高価なカメラ(BlackMagic Cinema Camera 4Kなど)のようなデュアル(ネイティブ)ISOを持たない。
    • しかし新型センサーはとても高速な読み出し速度を持っている。(4K120や1080p 240に対応する為)
  • ソース2
    • 我々は今α7SIIの後継機で動画撮影を行なっている。
    • この小さな猛獣から出て来る画像は信じられない程だ。
    • 4K 120FPS 10BIT 4:2:2 は15段相当のダイナミックレンジを持っており、我々のテストではARRI Alexa Miniに匹敵していた。
  • SARの見解
    • 15段分のダイナミックレンジはSONYのマーケッティング的な主張を感じている。
    • つまり実際のダイナミックレンジはもう少し少ないということだ。

ここ最近小出しにされる情報からすると、α7SIIIは正にミニシネカメラということになりそうですね。
もし今回の情報が正しいとして、Arri Alexa Miniは400万円位からの構成(更に周辺機器は必要と思われ)のようなので、例えばα7SIIIが60万円の価格で出たとしても動画機としてはゲームチェンジャーということになりそうですね!
100万円以上しても大丈夫ということでしょうかね。

個人的には全く縁が無いカメラになりそうですが楽しみです!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

コメントを残す