スポンサードリンク

3月のミラーレス一眼カメラの販売台数はどうなったのか?(BCN)

Pocket
LINEで送る

BCNランキンングが3月のミラーレス一眼カメラの販売台数統計を発表しました。
3月ということで気になるのはやはりコロナウィルス流行の影響ですね。

“全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、3月のミラーレス一眼デジタルカメラの販売台数は前年比49.5%。1月が90.1%、2月が76.5%と年明け以降は前年割れが続いていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で状況はさらに悪化した。 “
Via ‘ 新型コロナ追い打ちで壊滅的打撃、ミラーレス一眼の販売半減 – BCN+R (https://www.bcnretail.com/market/detail/20200409_167620.html)

  • 各メーカーの販売台数の前年比
    • ソニー 44.5%
    • オリンパス 54.9%
    • キヤノン 32.3%
    • 富士フイルム 115.6%
  • シェア比率ではトップのSONYが30%を超え
  • 機種別では Canon EOS Kiss M がトップ

ということで3月は、Canonは販売台数が昨年の1/3に低下、SONYもOLYMPUSも約半分しか売れていないというかなり残念な結果になっています。
これはやはりコロナウィルス流行の影響が大きく現れているのではと思います。

ただ、FUJIFILMだけが伸びているのが素晴らしいと思いますが、売れているのはX-A5とX-E3ということで、旧機種となっているようです。

また、Canonの販売台数が大幅に低下したにもかかわらず、機種別ではEOS Kiss Mがトップになっているのは流石ですね。

SONYはα6000シリーズが3機種トップ10に入っているのは、SONYお得意の旧機種をディスコンにしないで併売するというのが効いているかと思います。

OLYMPUSはPENシリーズの方が売れているのが興味深いですね。
購入された方はコンパクトなモデルを求めているということでしょうか。

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-E3シルバー X-E3-S

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-E3シルバー X-E3-S

91,799円(08/09 22:29時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

-
Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

3月のミラーレス一眼カメラの販売台数はどうなったのか?(BCN)」への1件のフィードバック

コメントを残す