スポンサードリンク

ハッセルブラッドがCP+2020で予定していた展示内容を公開、画期的な中判907Xをお披露目予定だった(PRONEWS)

Pocket
LINEで送る

ハッセルブラッドジャパンがCP+2020で予定していた展示内容をPRONEWのインタビュー記事で公開しています。

“CP+2020のハッセルブラッドブースのテーマは、「ハッセルブラッドミュージアム」。「ハッセルブラッドのブランドのことをまだまだ知らない人はいっぱいいます。宇宙の記録といったハッセルブラッドの軌跡を世の中の人に知ってほしいという思いでミュージアムテイストを企画しました」とコメント。”
Via ‘ [再現:CP+2020]Vol.06 ハッセルブラッドジャパン、待望の最小中判カメラシステム「907X」シリーズについて聞く – PRONEWS (https://www.pronews.jp/special/20200327182606.html)

CP+2020のハッセルブラッドブース

  • テーマ「ハッセルブラッドミュージアム」。
  • 宇宙の記録といったハッセルブラッドの軌跡を世の中の人に知ってほしい。
  • ハッセルブラッドを見て楽しむコンセプトにおもきを置いたブース。

907Xスペシャルエディション

  • 月面着陸50周年を記念したモデル。
  • 限定台数は未定。
  • 発売日は2019年後半と予定されていたが現時点では未定。
  • 価格845,000円(税別)
  • Hasselblad Electric Cameraを連想させるマットブラック仕上げ。旧ロゴ。
  • 907X
    • Xマウント
    • 電子接点
  • CFV II 50Cデジタルバック
    • 5000万画素中判センサー。
    • 16bit RAW
    • ダイナミックレンジ14ストップ
    • チルト可能タッチパネル

Hasselblad XCD 4/45P

  • 価格13万円台
  • 65万円のX1D IIとセットで合計80万円以内。
  • 重量320g、全長47mm。
  • 907Xとの組み合わせはさらにコンパクト。
  • 静音性も重視しており、シャッター音が聞こえないぐらい静か。

Phocus Mobile 2

  • iPadアプリ
  • X1D II 50CおよびCFV II 50Cに対応。
  • USB-CかWi-Fi経由でカメラ画像を取り込み。
  • RAW現像とフルサイズ画像のエクスポートが可能。

昨年に発表されていた907Xを改めて見ると、中判システムとしてはミニマルな機能と構成でXCD 4/45Pレンズと組み合わせるとかなりコンパクト、更に、CFV II 50Cデジタルバックを伝統のVシステムにも使えるということでHasselbladの資産をお持ちの方にとっては最高のシステムのような気がします。
また、iPadで現像出来るというのも素晴らしいと思います。(他のカメラメーカーさんの純正現像ソフトも是非そうして欲しいです)

価格もX1D 50C IIと45mmレンズキットで実売100万円以内、907Xもデジタタルバック付きで100万円で購入出来るということで、もしCP+2020が開催されていたらこれらのシステムを目の前で見てしまって欲しくなって方も多いかもしれませんね。

 

魅惑のハッセルブラッド図鑑 雑誌

魅惑のハッセルブラッド図鑑 雑誌

3,564円(05/24 21:08時点)
発売日: 2016/11/15
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す