スポンサードリンク

ソニーCP+2020の目玉はα7IVの発表か?(SAR)

Pocket
LINEで送る

SonyAlphaRumrsがcp+に向けてSONYがα7IVを発表させる噂が流れているという記事を公開しています。

“I got NO confirmation yet about WHAT camera we should expect but I bet high on the new Sony A7 IV. After all the A7III was announced at the CP+ show two years ago.”
Via ‘ RUMOR: Yes Sony will announce new E-mount camera around the CP+ show. Is the A7IV finally going to be announced? – sonyalpharumors (https://www.sonyalpharumors.com/rumor-yes-sony-will-announce-new-e-mount-camera-in-february-is-the-a7iv-finally-going-to-be-announced/)

  • 信頼出来る情報に聞いた話だが、SONYは新Eマウント製品をCP+ショーあたりにアナウンスするということだ。
    • 情報源の1つが最低1台の新カメラと1台のBluetooth搭載の VCTというハンドルがあると指摘している。
  • 未だ何のカメラになるのか確認出来ていないが、かなりの確率で新α7IVであると予測したい。
    • α7IIIは2年前のCP+ショーで発表されていた。
  • レンズに関する情報も未だ無いが、1〜2本の新レンズも発表されるチャンスも高まっていると考えている。
  • α7IVのスペック予測
    • α7IVは革新的では無く、進化したカメラになるだろう。
    • α7RIVの2400万画素版に近いと言える。
    • これまでのSONYのようにサプライズを起こしてくれて欲しいので、最低でもα7IIIと同じセンサーでは無く、完全な新設計のものになって欲しい。
    • 更に、α7IVには、α7RIVと同じEVF、同じAFシステム、同じボディデザインが採用されることを期待している。
  • α7sIIIはどうなるのか?
    • 長い間待たれているが、NABショーに出ることを確信した。
    • 唯一の信頼出来る噂は4K120pと背面のセンサー冷却口だ。

今回のCP+ではCanonとNikonが一眼レフカメラの発表を行うスキを狙ってα7IVを発表することになりそうですね。
α7IVにしてもα7sIIIにしてもいつでも発表する準備が出来ているように思えます。
楽しみですね!

作品づくりのためのSONY α7III Series & α9プロフェッショナル撮影BOOK

作品づくりのためのSONY α7III Series & α9プロフェッショナル撮影BOOK

清水 徹, ナイスク
2,178円(04/07 23:23時点)
発売日: 2018/08/07
Amazonの情報を掲載しています
今すぐ使えるかんたんmini SONY α7 III 基本&応用撮影ガイド

今すぐ使えるかんたんmini SONY α7 III 基本&応用撮影ガイド

伴 貞良, MOSH books
1,738円(04/07 12:24時点)
発売日: 2019/04/12
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す