スポンサードリンク

キヤノンは今後RFレンズの集中し新EFレンズを出さない?

Pocket
LINEで送る

PetaPixelによればCanonは今後新しいEFレンズを出さないのでは?という予測記事を掲載しました。

“Canon is going all-in on mirrorless. The company has revealed that it has no plans to create any new EF lenses for DSLRs… unless photographers demand more.”
Via ‘ Canon Done Making EF Lenses Unless Photographers Demand More (https://petapixel.com/2020/01/08/canon-done-making-ef-lenses-unless-photographers-demand-more/)

  • Canonは全てをミラーレスに集中するつもりだ。
    • もしユーザーの声が無ければ、同社はデジタル一眼レフ用のEFレンズの新製品を開発する計画が無いことを明らかにした。
  • Digital Camera Worldのインタビューで、欧州キヤノンのプロ製品マーケティング部門シニアマネージャーのRichard Shepherd氏は既存のEFレンズはサポートを継続し、新RFレンズを出して行くと述べている。
    • ご存知のように、昨年、我々はRFマウントとEOS Rシステムを発売し、これまでに10本のレンズを発売し高評価を得ている。
    • そして新しいシステムを継続させる為に、EFレンズシステムを完全にサポートしながら、より多くのRFレンズを発売する。
    • 勿論、市場が新EFレンズを要求するのであれば、それを開発する準備は出来るが、現時点ではRFにフォーカスする。
  • キヤノンは2019年にすでにEFレンズを無視してRFに完全に集中すると述べていたが、今ではそれらの計画は無期限に延長されるようだ。
  • Canonは、2020年に新しいフラッグシップ一眼レフカメラCanon 1D X Mark IIIを発表したが、新EFレンズは発表しなかった。
    • 一方のニコンは同日、新しいFマウント一眼レフカメラD780とFマウントレンズAF-S 120-300mm f / 2.8E FL ED SR VR を発表している。
  • 実際EFレンズの開発の幕引きを行うことは考えにくいが、このレンズマウントは33年の間存在しているのだ。
    • 1987年にEFレンズが導入された時、FDマウントが置き換えられたが、当時多くの人はFDレンズの生産を終了させることが理解出来なかった。

SONYに対する遅れを取り戻すにはやはりEOS RとRFレンズに集中するのが良い選択ということでしょうか?
今後のEFレンズの動向に注目ですね!

Canon EF mount LENS BOOK (Motor Magazine Mook)

Canon EF mount LENS BOOK (Motor Magazine Mook)

山田久美夫, 豊田慶記, 山本純一, 長根広和, チャーリィ古庄, 田村 翔, 赤松 孝, 前川貴行, 野下義光, 田中達也, 川合麻紀
2,241円(06/07 19:26時点)
発売日: 2017/12/26
Amazonの情報を掲載しています
Canon Lレンズ 完全ガイドブック ~キヤノン EFレンズ Lシリーズ現行37種類を多彩な切り口で完全紹介

Canon Lレンズ 完全ガイドブック ~キヤノン EFレンズ Lシリーズ現行37種類を多彩な切り口で完全紹介

井村 淳, 魚住 誠一, 合地 清晃, 河野 鉄平, 髙須 力, チャーリィ 古庄, 戸塚 学, 中西 昭雄, 並木 隆, 秦 達夫, 米屋 こうじ, MOSH books
2,178円(06/07 19:26時点)
発売日: 2016/12/22
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す