スポンサードリンク

年賀状印刷してたら9年使っていたエプソンのプリンタが壊れたのでキヤノンにしようかと?

Pocket
LINEで送る

9年間ご苦労さま

先日、年賀状印刷をしようとプリンタを動作させてみたら、給紙エラーが発生しました。どうやら用紙が読み込めなくなったようです。

そのプリンタはEPSON様から2010年に製品レビューをさせて頂き、それを適価で譲って頂いたEP-803AWという機種です。

コピーも出来るし今でも画質はまったく問題ないのですが、おそらく給紙ローラーなどが劣化してしまったと思われます。(それにしても9年も使えたのにびっくり)

ちなみEP-803AWで嫌なこと

  • 6色インク1色でも無くなると印刷も出来なくなる(モノクロもダメ)
  • 更にライトシアンとかライトマゼンタのインクが無くなるとムカつく
  • iOSのAirPrintに対応していない

ですが、そう言いながら9年以上も使っていますので毎年年賀状シーズンでは何かしらのインクを追加しながら対応してきました、

で超急ぎでプリンタを選んで購入することにしました。

で、お金も無いし、超高画質の写真プリンタを年賀状印刷に使うとインク代が無駄なので、超低価格のプリンタを探してみました。

凄いですね、、、、6色インク代相当+αのお金でプリンタが買えてしまいます。
9年前のプリンタと比較すると年賀状の緊急印刷であれば十分以上でしょう。

しかし、以下の理由でもう1ランク上の機種を狙ってみることにしました。

  • Canonの低価格機はカラーインクが分離していないのでどれか無くなると全部交換。
  • 低価格機はAirPrintに対応していない。(年何回か印刷することがあります)

で、候補になったのがこちら。

 

Canon PIXUS TS6330

  • 5色顔料・染料ハイブリッドインク
  • L判フチナシ印刷コスト 約17.3円
  • Amazonnでの実売価格 1.68万円

EPSON Colorio EP-712A

なので、Canonの方が印刷コストが安く5色インクはカラーが3色(CMY)でシンプル(EPSONは5色)なので無駄な交換が無いことから、Canonに決定!

していたのですが、、、、、、

iOSの年賀状印刷アプリを試してみた

更に、これまで自宅のMacで宛名◯人というソフトで年賀状印刷していたのですが、このソフト、大して機能が変わらない、、、、、以下略、、、、しかもバージョンアップ価格が数千円と高いんですよね。

なので、ここ4年くらいバージョンアップしないでも十分に使えていましたが、iOSの最新バージョンに追従しなくなったのでバージョンアップが必要になりました。

で、最近大半をiPad Proで作業しているので、年賀状印刷もiPadで出来ないものかと調べてみると、なんと、CanonもEPSONも無料の年賀状印刷アプリを出しているではないですか。(一方でMac用のソフトはバンドルされてないようで)

なので、宛名◯人にも決別するよう、CanonとEPSONの年賀状アプリインストールしてみました。

で、いずれのアプリも宛名◯人からの住所録の移行ですが。

  • 宛名◯人の住所録をcsvで書き出す(項目名+全てを書き出すオプション選択)
  • csvをGoogleDriveにアップ
  • IPadでGoogleドライブアプリでcsvを、年賀状アプリにコピーする

という手順で出来るんですね。素晴らしい!

ですが、ここで、CanonとEPSONのアプリに差が出てしまいました。
Canonのアプリは、項目名を正しく判断出来ないようで、連名部分が間違って読み込まれてしまいました、、、、
おそらく、書き出し時の項目やその順番などExcel使いながら直していけばCanonのPIXUSかんたん年賀状アプリも読み込めるとは思いますが、この期に及んでもうそんな時間はありません、、、、、、

さらにEPOSONの方がUIがよく出来ていたiPadではより緻密な表示になり使いやすかったです。

結局選んだのは

なので、本体価格も安いEPSON のEPSON Colorio EP-712A を購入することにしました。

ただ、再びライトシアンとライトマゼンタがある6色インクなのかと思うとちょっと残念かも、、、、また、1色でも無くなると印刷出来ないのはCanonもEPSONも変わらないようです。(Brotherのは一部OKのようですが)
AirPrint出来るようになるのは嬉しいですね。

ということで、これから10年活躍してくれることを祈って、今から引き取りに行きます。。。。。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す