スポンサードリンク

GoPro Max 購入したので開封してみた。でもバッテリーが、、、

Pocket
LINEで送る

GoProの新360度カメラが先日発売されましたので購入しました

 

購入先

マップカメラさんです。
公式サイトは発売日を過ぎても予約受付表示になっていますが、家電量販店や大手のカメラ販売店では発売日でも予約無しでも購入出来きていたようです。(現在売り切れ状態になっています)

 

開封

新宿で受け取り、その足で近くのルノアールで開封しました。
ルノアールはスタバやマックより空いているのが良いですね。勿論、電源もWi-Fiもありますし。

いつもの店頭でのディスプレイを重視したGoProのパッケージです。

 

下側からカメラがマウントされている土台を抜くのですが、今回も引っかかって抜き難かったです(^^

 

 

こちらが、中に入っているモノ。

 

 

前後のレンズ保護用のシリコンのレンズカバーと、透明のレンズカバーが付いてるのが良いですね。
ただ、GoPro Fusionのようなセミハードケースでは無く、薄いポーチになっていました。まぁいいけど。

 

 

バッテリーはMax専用でHEROとは互換性ありません。更にFusion用とも容量が異なるので別モノの筈です。

 

 

予備バッテリーが入手出来ない問題

アクションカメラは交換バッテリーが必須ですが、このバッテリー(私が調べる限り)現状では単品で購入できないようです。

  • 現時点でGoPro の公式サイト以外で交換バッテリーは販売されていない。(当社調べ)
  • GoProの公式サイトでバッテリー単体の納期は2〜3日となっているが、購入に進むと規制によってバッテリーだけを輸送することが出来ないと表示される(つまり日本にないということか)
  • 仮に購入したとして、本体価格3800円で、送料2500円、、、
  • GoPro Max本体とバッテリー同時に購入すると発送OKのようですが。
    • 公式サイトでGoPro Max予約された方には未だ発送されていない模様。
    • 本体とバッテリーが分割で発送出来ないので、納期が遅い方に引きずられる模様。

 

給電撮影実質出来ない??

 

右側にある(どっちが右側かという議論があるかもしれませんが、、、)ロックドアの中に、バッテリー、メモリカード、USB-Cコネクタがあります。

 

 

バッテリーはドアによってロックされます。
ということはドアを開けたまま使うのは避けた方が良さそうです。

勿論GoPro Maxはライブストリーミングにも対応していますし、USB-C経由で給電しながら動作するようですので、安全なところで固定して使うには大丈夫かもしれません。(バッテリー差しただけの状態ですが)

バッテリーも売ってないし、Sessionのように内蔵にした方が、、、、うそうです

一方のFusion は給電を前提で使うカメラのようで、バッテリー室とは別になっていましたし、ドアもヒンジが外れて分離出来るようになっていました。(その代わり危うくドアを無くしそうになりましたが)

で、充電してます。ドアがデカイでしょ。

 

iPadと接続すると

で、iPadに接続してみますが、まずはGoProアプリ立ち上げてBluetoorh経由でMaxが認識され、その後Wi-Fiが自動接続されるという流れ。(これ相変わらず接続確失敗することが多いようで)

 

で、接続されるといきなり本体ファームウェア更新となります。

 

 

上の更新リストを読むと、なんとなくですが、初期出荷分のファームは暫定?に近く、ギリギリのスケジュールで10月内の発売にこぎつけた感が伝わって来ます。(日本のメーカーだったら発売延期かも、、、)

 

で本体更新プログラムが実行されて、、、、

準備完了となりました。

 

準備完了

マンフロットのoff-road自撮り棒を準備していましたので取り付けました。

余談ですが、このOff Road 自撮り棒ですが、購入した時かなり使い難いと思っていましたが、慣れるとめちゃくちゃ使いやすいです、、、
どうやら廃盤になっているのが残念、、、

ということで、準備完了なので帰宅がてら撮ってみようかと思います。 続く

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

-
Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す