スポンサードリンク

シグマ 「FF Classic Prime Line」発表!映像クリエイションにまだ見ぬ可能性を提案

Pocket
LINEで送る

SIGMA CINE LENSの新ラインアップ「FF Classic Prime Line」が正式発表されました。
最新技術によるレンズ性能を基盤とした、高解像感とクラシカルな表現の融合というコンセプトの新レンズということです。

プレスリリース

“ラージフォーマットかつ8K撮影に対応する圧倒的な解像感と、コンパクトなサイズ感を実現したFF High Speed Prime Line。このレンズラインをベースに、FF Classic Prime Lineでは、光学系をノンコートレンズ中心に構成することで、SIGMA CINE LENSが特徴とする高い解像感と、低コントラストと美しいフレア・ゴーストによるクラシックな映像表現の両立を可能にしています。また、FF High Speed Prime Lineの特長のひとつである大きなボケも、同様に活かすことが可能です。”
Via ‘ 高解像感とクラシックな表現を両立させた 唯一無二のルックを持つ SIGMAの新しいArt、”Classc Art Prime” SIGMA CINE LENSの新ラインアップ 「FF Classic Prime Line」発表 | シネレンズ | SIGMA|株式会社シグマ (https://www.sigma-photo.co.jp/new/2019/09/11/3888/)

発売日は2019 年末で希望小売価格は5,416,500円(10本セット)ということです。

FF Classic Prime Line ショートムービー“Operator”

 

製品情報ページ

  • FF High Speed Prime Line レンズラインをベースに、光学系をノンコートレンズ中心に構成
  • ラージフォーマットかつ8K撮影に対応解像感と、低コントラストと美しいフレア・ゴーストによるクラシカルな映像表現の両立
  • 新規設計の専用コートを適所に施すことで、ラインアップ内のT値(14mm,135mmはT3.2、その他はT2.5)とルックを統一
  • Cooke社の通信規格「/i Technology」への対応
  • レンズの最前・最後面にも専用コートを施すことで耐久性も最新レンズ同等に確保

仕様


できれば、スチル用のArtレンズにもこのようなClassic Artラインがあれば面白いと思いますが、、、、ただ、10本セットでしか購入出来ないのは避けて欲しいのですが,,,,

またCosinaでもシングルコートのレンズが発売されていますが、今後このようなクラシックテイストのレンズが増えて来ると面白くなりそうですね。

でこのようなレンズ購入された方は保護フィルターは使わないでくださいね!(大きなお世話かも、、、)

VoightLander レンズフード LH-6

VoightLander レンズフード LH-6

4,701円(09/18 07:32時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “シグマ 「FF Classic Prime Line」発表!映像クリエイションにまだ見ぬ可能性を提案

コメントを残す