スポンサードリンク

知力で、打ち勝て。教育用ロボット DJI ROBOMASTER S1 発表!

Pocket
LINEで送る

 

先日DJIのティーザーサイトで新製品が予告されていましたが、なんとそれはロボットだったのです。
DJI が教育用ロボットとして ROBOMASTER S1 を発表しました。
当然ですがカメラが搭載されています。

 

まずはプロモーションビデオご覧ください

製品情報ページ

DJI RoboMaster S1
DJI RoboMaster S1

スペック

  • CMOS 1/4インチ″、有効画素数 500万画素
  • ジンバル 540°/秒
  • 動画 フルHD: 1920×1080 30p MP4 最大ビットレート16Mbps
  • 静止画 JPEG 2560×1440
  • microSDカード
  • 赤外線ユニット 有効範囲6m
  • ヒット検出センサー
  • 重量 約3.3 kg
  • サイズ 320×240×270 mm (長さ x 幅 x 高さ)
  • シャーシ速度 0~3.5 m/s (前方)  0~2.5m/s (後方)  0~2.8m/s (左右)
  • シャーシ最大回転速度 600°/秒
  • ライブビュー品質 720p@30fps
  • 使用時のバッテリー駆動時間 35分(2.0m/秒の定速走行) スタンバイ約100分
  • ゲル弾 直径 5.9~6.8 mm 重量 0.12~0.17 g
  • iOS及びAndroid 対応 RoboMasterアプリ
  • 46個の部品に対してプログラミングが可能
  • Scratch & Pythonに対応
  • AI技術によりジェスチャーや音を認識可能

価格と納期

RoboMaster S1の価格は 64,800円ということで早速DJIストアで販売が開始されています。
納期は20日〜25営業日ということですので7月末から8月にかけてという感じでしょうか?
クリスマスには十分間に合いそうですね。

 

RoboMaster大会

また、RoboMasterの大会が開催されるということです。

DJI RoboMaster
DJI RoboMaster

 

教育用としてお子様向けだとは思いますが、大人の遊びとしても楽しめそう?かな。

ロボット大会で優勝された方は、すぐスカウトされそうですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す