スポンサードリンク

パナソニックが世界初F1.7通しのズームレンズLEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 を正式発表

Pocket
LINEで送る

Panasonicがマイクロフォーサーズ用レンズ、LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.(H-X1025)を発表しています。
世界初のズーム全域でF1.7を実現したレンズで、価格は27万円で、8月22日に発売ということです。

プレスリリース

“本製品は、20-50 mmの標準ズームレンズで、ライカの厳しい光学基準をクリアし、世界で初めて超広角から標準のズーム全域でF1.7「SUMMILUX(ズミルックス)」の明るさを実現しました。”
Via ‘ マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ H-X1025 を発売<LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.> | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan (https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/06/jn190603-3/jn190603-3.html)

作例ムービー

このレンズ使用したサンプルムービーがアップされています。

 

製品情報ページ

  • 焦点距離 10-25mm (35mm判換算:20-50mm)
  • 絞りリング搭載
  • フォーカスクラッチ搭載
  • 防塵・防滴・対低温
  • レンズ構成 12群17枚(非球面レンズ3枚、EDレンズ4枚、UHRレンズ1枚)
  • 絞り形式 9枚羽根 円形虹彩絞り
  • 最短撮影距離 0.28m
  • 最大撮影倍率 0.14倍(35mm判換算 0.28倍)
  • フィルター径 φ77mm
  • 最大径×長さ φ87.6mm×約128mm
  • 質量 約690g
  • 価格 27万円
  • 発売日 8月22日

世界初の全域F1.7のズームということですが、他社のF1.8より少し頑張ったスペックということですね。
私もマイクロフォーサーズユーザーですが常用するには適度な大きさと重さでライカクオリティの絵が得られるとなるととても魅力的なレンズだと思います。

 

各メディアの記事

“2018年のフォトキナで開発発表され、CP+2019にもモックアップを展示していた製品。35mm判換算20-50mm相当の画角を持ち、ズーム全域で開放F1.7とした点が特徴。同社のマイクロフォーサーズレンズはこれで32本目としている。”
Via ‘ マイクロフォーサーズ用「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.」が正式発表 – デジカメ Watch (https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1187962.html)

“クリックレス仕様の絞りリングや、フォーカス時に画角が変化する「ブリージング」の抑制など、動画シーンでの利便性をうたう。レンズ内手ブレ補正機構は搭載していない。”
Via ‘ 世界初、ズーム全域F1.7の「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.」 国内価格は27万円 (https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/03/news080.html)

“H-X1025は、ライカの厳しい光学基準をクリアし、ズーム全域で大口径F1.7「SUMMILUX(ズミルックス)」の明るさと描写性能を実現。F1.7の浅い被写界深度を活かした、大きなボケ味表現や低照度下での手振れを抑えた撮影が可能だとしている。12群17枚構成の光学系では、非球面レンズ3枚を採用して球面収差を抑制するとともに、EDレンズ4枚を最適に配置することで色収差を補正する。”
Via ‘ パナソニック、ズーム全域で開放値F1.7を実現したマイクロフォーサーズシステム用交換レンズ「H-X1025」を発表 – PRONEWS (https://www.pronews.jp/news/20190603120542.html)

“レンズ本体は、静止画・動画撮影の双方で高い操作性・機動力を実現すべく、なめらかな絞り値の変化を可能にするクリックレス仕様の「絞りリング」、AF/MFの切替を瞬時に行え、さらにMF時は精密なピント合わせを可能にする距離目盛を搭載した「フォーカスクラッチ機構」を搭載した。”
Via ‘ パナソニック、ズーム全域で開放値F1.7を実現する「H-X1025」 (https://news.kakaku.com/prdnews/cd=camera/ctcd=1050/id=85238/)

“本製品の発売により、パナソニックの「マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ」は32本となり、レンズ交換による表現の楽しみをさらに拡げていきます。撮影目的やスタイルに合わせてボディとレンズの組み合わせが拡がることで、カメラ愛好家から初めてデジタル一眼を手にされる方まで、幅広い方に写真撮影や動画撮影の楽しみを提案します。”
Via ‘ マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ H-X1025 を発売<LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.>:時事ドットコム (https://www.jiji.com/jc/article?k=000003481.000003442&g=prt)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す