スポンサードリンク

DxO Mark レンズテストの5月時点トップ10のまとめ記事(ThePhoblographer)

Pocket
LINEで送る

DxO Markのレンズテスト結果データベースのポイント順位を見ると、SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Artが、総合性能トップの51ポイントを獲得していますが、2位以下も僅差のポイントで並んでおり、ボディ側の違いによって同じレンズもランクインされています。

 

そこで、The PhoblographerのサイトがDxOのトップ10レンズに対して過去のレビューの結果をまとめた記事を作っていました。

“If you’re in the market for a new lens, check out the 10 best on the market according to DXOMark.” >Via ‘ The 10 Best Performing Lenses Per DXOMark For May 2019 (https://www.thephoblographer.com/2019/05/25/the-10-best-performing-lenses-per-dxomark-for-may-2019/)

 

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art

優れている点

  • 必要十分な防滴構造
  • 抜きん出たシャープネス
  • 美しいボケ
  • 豊富なマイクロコントラスト

劣っている点

  • 大きく重い
  • ミラーレスカメラに慣れてしまうと、このような大きなものを運ぶのは億劫となる

 

Zeiss 55mm F1.4 Otus

Carl Zeiss 単焦点レンズ Otus 1.4/55 ZE フルサイズ対応 831551

Carl Zeiss 単焦点レンズ Otus 1.4/55 ZE フルサイズ対応 831551

364,950円(06/25 17:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

優れている点

  • これまで見て来たレンズの中であらゆる絞り値で最もシャープ、Zeissは本当にこれまでベストのレンズを作ってしまった。
  • \あらゆるもをを夢の世界に誘うシネマティックなボケ。
  • 手に伝わる素晴らしい感触。
  • 肌色の描写。
  • 非常に正確な被写界深度指標 – 風景写真や建築写真に最適である。
  • Zeissの典型的なカラーレンダリングでは無い、その代わりに物事の全てをリアルに、少し飽和度高くして写し取る。

劣っている点

  • 重い、D800と組み合わせると中版カメラ並の重さになる。
  • この価格となると、Zeissには防滴構造やAFを追加するべきである。(それが出来ない理由もあるが)
  • Nikonの優れたAFシステムを持ってしても、低照度でのフォーカシングは困難である。
  • レンズに記されている黄色の文字には慣れる必要がある。

 

Zeiss 85mm F1.4 Otus

優れている点

  • 我々がテストした中で最もシャープな85mm F1.4レンズである。
  • 素晴らしい製品品質。
  • 優れた色表現。
  • 殆どの人はそのウェットボケに夢を見るだろう。
  • 我々をその気にさせるラバーフォーカシングリング。
  • しっかり仕事をする被写界深度指標。
  • 全体的に美しい画質。

劣っている点

  • 支払い後に涙が出てくる。
  • この焦点距離でマニュアルフォーカスで被写体にフォーカスを追従させることは非常に厳しい、
  • 重い。
  • この価格では防滴構造を望みたい。

 

SONY FE 85mm F1.4 GM

優れている点

  • 11枚の絞り羽根はこれまでのポートレートレンズの中で最も多い。
  • 大きいが、SONY α7と組み合わせるとバランスがとても良い。
  • レンズ周りで操作出る絞り操作が良い感触である。
  • 高速のAF性能。
  • ポートレート撮影での素晴らしい色表現。
  • 我々がテストした85mmレンズの中でベストのボケ。
  • 防塵防滴。
  • 最適な肌色表現。

劣る点

  • 高価である。

 

SONY  Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 

優れている点

  • シャープなイメージ。
  • クリーミーなボケ。
  • 防滴構造。
  • 大きく、スムースなフォーカシングリング。

劣っている点

  • レンズフードによって全長がかなり追加される。
  • 被写界深度指標が無い。

 

Zeiss Milvus 135mm F2 

優れている点

  • 非常にシャープである。
  • 防滴構造。
  • 美しいボケ。
  • 最短撮影距離。
  • 素晴らしい操作感。
  • ポートレート用として設計されている筈のレンズ。

劣っている点

  • すべてのMF望遠レンズと同様、三脚を使用するのが最善である。
  • 高価、ただすぐにそれが正当だと判る。

 

Zeiss Milvus 85mm F1.4

優れている点

  • 85mm f1.4 Otusよりもシャープネスがほんの僅か劣る程度。
  • 防滴構造。
  • 素晴らしい操作感覚。
  • 肌色の色が僅かに飽和気味だが、素晴らしい色表現。
  • カラーフリンジングが全く無い。

劣る点

  • 遠距離の被写体をフォーカシングする場合とても正確だが、MF操作で動いてしまうので手持ちでの操作が難しい。三脚を使うべきである。
  • かなり高価である。但し$1,799はCanon 85MM F1.2Lよりは安いが。

 

SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

優れている点

  • 殆どの条件で優れた画質が得られる。
  • シャープ、これも殆どの条件でそうなる。
  • 光学手ぶれ補正。
  • 高速のAF性能。
  • 安定したブレ補正。
  • 一眼レフレンズと同様の設計思想によるインナーフォーカス設計で小型になっている。
  • プッシュ/プル操作のフォーカシングリング。
  • 軽量。
  • ついに、焦点距離指標が付いた。

劣っている点

  • おそらくポートレート向けで特化されていることからSONYの他のレンズと比較すると色表現が異なっている。ただSONYのセンサー性能に頼ることで良くなるだろう。

 

TAMRON SP85mm F1.8 Di VC

優れている点

  • 超シャープな画質。
  • Canon EOS 6Dや他のCanonの一眼レフカメラでもAFに関する問題は発生しない。
  • 高速のAF性能。
  • 防滴構造。
  • 素晴らしい操作感。
  • 手ぶれ補正は点の恵みである。
  • 素晴らしい色表現。
  • まるでLightroomの明瞭度を高めたような独特の絵。
  • 美しいボケ。

劣っている点

  • 正直に言えば、このレンズの良く無い点は1つだけでは無い、、、

 

Zeiss Batis 25mm F2 

カールツァイス ZEISS Batis 2/25 E-mount

カールツァイス ZEISS Batis 2/25 E-mount

139,482円(06/25 05:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

優れている点

  • これまでテストした単焦点レンズの中で最もストレートな色再現性はこのレンズで間違い無い。
  • フルサイズの広角単焦点レンズの中で比較的コンパクトである。
  • 防滴構造。
  • かなりシャープでありながらも素晴らしいボケ。

劣る点

  • ディスプレイによる表示はまったく不必要である。

 

いかがでしょうか?

トップはSIGM 85mm Artですので、Zeissとの価格差を考えるとバーゲンプライスのレンズということですね。

またDxOのレンズテストはZeissやSONYのFEレンズ数多くトップ10に入っています。

ただ5月時点で、NikonやCanonの最新フルサイズミラーレス用レンズのテスト結果が出ていないので、これらのレンズがどこに食い込むのかこれから楽しみですね!

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す