スポンサードリンク

CP+2019 のこのこレポート: キヤノンブース編

Pocket
LINEで送る

CP+2019最終日にのこのこ出かけて行ったレポート第二弾Canonはフルサイズミラーレス EOS R システムを前面に押し出した展示となっていました。

EOS RPはCP+2019の直前に発表されましたので、注目度ナンバーワンのカメラでハンズオンは30分以上の行列となっていました。

発表済みの5本のRFレンズが中央のメインディスプレイ。

この中で最も注目だったのは、一番左端のRF70-200mm F2.8 L IS USMですね。

このレンズ白望遠ズームですが、他のRFレンズ同様の全長とそう変わらない長さ(ズームで伸びるのかな?)ですので、カメラバッグへの収まりがかなり良いと思います。
大三元ズームを持ち歩く時にこれまでよりコンパクトなカメラバッグで良さそうでこれはEOS Rシリーズカメラのキラーレンズの予感です。

コンパクトカメラも意外に(すいませんw)人気があるようでwこんざつしていました

プリンタのブースも工夫されていましたよ。

Canonのブースで印象的なのは、係員の方デモ要員の方が圧倒的におおいということです。

通路側にも多数の方が導線や行列を整理されていたのですが、本当に皆さん素晴らしいお仕事を全うされていました

 

ブースの様子を見ても判る通り、一眼レフカメラは展示やハンズオンされているものの前面に出て来ることは無く目立つのはEOS Rシリーズばかり。Canonは完全にミラーレスに注力といった感じですね。

さいしゅさいしゅうび

ブースの様子をDJI Osmo Pocketで記録しました。

 

 

で、Canon様ブースで最大のミスは、コンセプトカメラコーナーを見なかったことですorz

Canon ミラーレス一眼 カメラ EOS R BODY

Canon ミラーレス一眼 カメラ EOS R BODY

189,800円(05/23 06:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す